GoogleChromeのこれは知っておきたいマル秘機能とは?

GoogleChromeはいわゆるOSに実装された標準ブラウザを除きますと、最も世界的に普及しているブラウザです。

大半のネットユーザーのパソコンにはGoogleChromeが入っており、新しいPCを購入したと同時に、公式サイトからそのアプリを入れ、規定のブラウザに乗り換える人々も多いです。

そんな超絶人気のGoogleChromeですが、隠れた面白い機能がいくつか存在します。

スポンサードリンク

ミニゲームが出来たり、ブラウザのデザインを変えたりとお遊び的な機能がよくネットでは紹介されてますが、実用的なマル秘機能と言えば、「chrome://flags」でしょう。

このコマンドをGoogleChromeのアドレスバーに打ち込めば、試験的に導入されている最新機能のオン・オフが出来るようになります。現行のバージョンでは公にされていない次世代のGoogleChromeに乗る予定の機能をいち早く使えるようになります。

試験的な機能をオンにする事で、ブラウザのスピードがより向上する等、実用的なメリットがあります。

Googleが出しているインタネットプラウザーのGoogleChromeの使い方は?

Googleと言えばネットユーザーにはお馴染みの検索サイトです。

音声検索や画像検索など、革新的なネット検索のシステムを実装し、また地図アプリの提供でも絶大な評価を集めています。

またIT企業として、GoogleChromeというブラウザアプリも提供しています。

シンプルで最速なブラウザアプリなので、ネットユーザーの間からは、いわゆる標準仕様のブラウザよりも圧倒的に使いやすいと、圧倒的支持を得ています。

GoogleChromeの使い方ですが、基本に普通のブラウザと同じです。

アプリを立ち上げた後は、上部のフォームに調べたい単語を打ち込み、その検索結果に飛びましょう。

GoogleChromeでは標準仕様でGoogleが検索用サイトになっていますので、インストールした直後から大変使いやすいです。

またGoogleChromeには豊富なアドオン、そしてテーマが用意されており、両方とも公式ストアにアクセスすれば、簡単にダウンロード出来ます。

いまさら誰にも聞けない、GoogleChromeの解説。

GoogleChromeは、検索サイトで有名なGoogleが開発したインターネットブラウザです。

Googleアカウントによる強力な連携を可能としているのが特徴で、使用する端末や場所が異なっても、同期することによりお気に入りや各種設定など全く同じ環境でブラウジングすることができます。

拡張機能としてリリースされている数多くのアドオンをインストールすると、翻訳やクラウドなどの各種Googleサービスのほか、SNSやニュース等に簡単にアクセスできたり、様々な便利機能を利用することが可能となります。

標準で開発者向けのデベロッパーツールを搭載し、制作やデバッグに役立てるなど、コアな使い方にも対応しています。

FlashPlayerは脆弱性の問題により、初期設定でディセーブルとなっていますが、設定変更により表示することができます。

IEのように月例パッチの配布はありませんが、不定期にアップデートが実施されています。

 

スポンサードリンク