スポンサードリンク

GIFは、JPEG・PNGとの違いについてまとめてみた。

画像ファイルの保存に使われるファイル形式である「GIF・JPEG・PNG」。

それぞれの特徴から、各違いについて解説します。

「GIF」は、256色しか使うことのできないため、カラフルな写真やグラデーションを表現した画像を保存するのには不向きな保存形式です。

スポンサードリンク

画像に使われる色素が少ないなど、シンプルな画像であればファイルサイズを小さくすることができるという特徴もありますが、他のファイル形式と比較してそれほどサイズが小さくなるわけでもなく、現在では使われることも少なくなってきています。

「JPEG」は、人の視覚的には違和感を感じない範囲で画像を圧縮することができるため、ファイルは小さいながら高画質で画像保存が可能です。

ただし図形や線などの保存には向かず、圧縮方法の特性上、輪郭が粗く表現されてしまうことなどがあります。

こうした図形をきれいに保存したい場合には次の「PNG」形式での保存が適しています。

「PNG」は、画像の品質をまったく落とすことなく保存できるファイル形式です。

画像が単純なものであればファイルサイズがJPEGよりも小さくなる場合もあります。

一方で、様々な色素が含まれる、複雑な画像になるほどファイルサイズは大きくなっていくため、容量を気にせずとにかく高品質な画像を求める場合に使うのがおすすめです。

GIFを作れる、無料サイトを探してみた。

まとめサイトなどでよく動画のような写真を張り合わせたものを見かける事があります。

それがGIFファイルと呼ばれるもので静止画と動画の中間のようなファイルで動く写真という表現が適切かと思います。

有料ソフトでは操作性や加工の範囲がたくさんあって使い易いものが多いですが、一番最初は無料で試してみたいものです。

そこで一番使い易い無料ソフトを紹介したいと思います。

GiamというGIF形式やMNG形式のアニメーション画像を作成や編集できるソフトウェアは秀逸です。

他の画像編集ソフトなどで作成したBMP形式やJPER形式のアニメーション画像を作成するためのソフトです。

画像を1コマずつ挿入して、コマの表示間隔の設定をすることで画像をアニメーションにしていきます。

画像の一部分のみをアニメーション化する事も可能で、その表示する部分の小さな画像のみを挿入して直前のコマに重ね合わせて表示させるような設定をする事もできるのが特徴です。

これらの機能を使えばファイルのサイズを抑えた状態でコマ数の多いアニメーション画像を作成する事も可能です。

編集中にアニメーションはこのソフトウェア上で実際に再生しながら表示されている状態を確認でき、その上で加工処理をする事もできるため無料ソフトの中では秀逸です。

GIFを面白く・笑えるものにするコツをプロの人に聞いてみた。

GIF画像はシンプルな絵になるので、これを面白くするコツは四コマ漫画のように起承転結を付けるようにすることです。

ちょっとしたストーリーをこの簡単な絵に付けて、それが急に変化するという事を楽しむようにするというのがコツです。

簡単に言えばストーリーにオチを付けるという感じにすればいいわけです。

単純に歩いている絵を描いて、その人が急に電柱にあたるというようなモノでもいいですし、後の展開では電柱にあたると見せかけて犬が来るというようなオチを付けても良いわけです。

コツは見ている人が考えていないオチが来れば面白いと感じるようになってきます。

シンプルな映像が逆に分かりやすいというイメージを与えてくれるので見やすくて理解しやすいという好印象につながるというのもGIFのメリットと考えても良いかもしれません。

難しい事をしないようにするのもコツです。

複雑な絵を描こうとしたり、情報量の多い映像にすると、ストーリーを絞り込むことが出来なくて、逆に作者が意図するストーリーをイメージさせにくくなることも考えられるからです。

シンプルな絵のメリットはストーリーなどのイメージをかなり絞り込ませることが出来るからです。

まさに四コマ漫画のコツがそのまま当てはまるといっても良いかもしれません。

スポンサードリンク