excelのマクロを初心者でもわかる、使い方入門編

excelのマクロはプログラミングの一種で、excelの操作を自動化できます。

操作を自動的に行うのがマクロですが、さらにマクロにはVBAと呼ばれるプログラミング言語が使用されています。

VBAとはVisual Basic for Applicationsの略称です。

スポンサードリンク

excelにはマクロの記録という機能が搭載されており、自動的にVBAコードが作成されます。

自動的に作成された記録だけでも操作の自動化は可能ですが、より無駄を排除した効率的なプログラムを作成できます。

自動的に作成されたVBAコードでは記録されないものや手動操作ができないものが存在します。

マクロの記述言語であるVBAを習得すれば複雑なコードを作成できます。

VBAの習得には、まずexcelの基本的な操作とワークシート関数に習熟する必要があります。

ワークシート関数とはexcelのワークシート上で利用できる関数のことです。基本的な数値演算から日付計算、文字列操作など様々なものがあります。

上級者が使う、excelのマクロの使い方講座。

excelを使うなら、覚えておきたいのはマクロの使い方です。

活用すれば単純作業を効率化できますし、ミスをするケースも減らすことができます。

excelの上級者ほど使いこなしている機能なので、積極的に活用しましょう。

使い方は簡単で、excelの開発タブからマクロの記録を最初に選びます。

もしexcelのメニューに開発タブが表示されていない場合は、ファイルからオプションを選び、リボンのユーザー設定から開発にチェックを入れれば表示されます。

マクロの記録を選んだら、名前を決めて覚えさせたい操作を実行しましょう。

万が一操作を間違えてしまうと、マクロも間違えた操作を記憶してしまうので、一つ一つ間違えないように操作してください。

覚えさせたい操作が完了したら、開発タブの記録終了を選び記録を終わらせます。

記録させた操作を実行するときには、開発タブからマクロを選んで目的の操作を選択すれば、一連の操作を再現してくれます。

excelのマクロを使うことでできる作業一覧表をまとめてみました。

excelマイクロソフトの基本的なアプリケーションの一つです。

表計算ソフトとして人気がありますので、様々な目的で利用したことがあるという人が少なくありません。

非常に多機能であり、様々な作業が可能になっています。

しかしながら型にはまった作業であれば、マクロと呼ばれている仕組みを活用することで効率的に処理をすることも出来るのです。

このマクロを使いこなすには、ある程度の専門知識が必要になります。

そのため、excelのマクロでどの様なことが出来るのかを知っておくと良いでしょう。

何が出来るかを知っておくと学ぶ意欲にもつながります。

基本的にマクロは作業を自動的に行わせるためのプログラムです。

データの自動集計や入力フォームの作成に使われています。

入力された情報を様々な形で出力することが出来るのも大きな特徴です。

マクロはプログラムですので、書いたプログラムの内容に応じて様々な可能性が広がる仕組みになっています。出来ることはユーザー次第です。

スポンサードリンク