スポンサードリンク

crowdworksの確定申告・源泉徴収についてまとめてみた。

crowdworksを含めた、クラウドソーシングを使ってお金を稼いだ場合も、所得税を納付しなければなりません。

桑ウドワーカーは個人事業主という扱いになりますから、一定の条件を満たせば確定申告を行わなければなりません。

具体的には、1月から12月にかけての1年間で、20万円以上の収入が出た場合には税務署での確定申告に応じなければなりません。

スポンサードリンク

ただし、これは経費を差し引いた後の金額が20万円以上になった場合のみです。

インターネット代やパソコンやプリンタなどの必需品の購入費、光熱費の一部などは経費として認められます。これを所得から差し引いた額が、20万円以下なら確定申告は不要です。

なお、crowdworksでは、代わりに所得税を納付する源泉徴収を行ってくれるケースがあります。

この場合、いくらの税金が既に納付されているのかをチェックしなければなりません。

税金の二重払いを防ぐためです。

crowdworksには支払調書の発行機能がありますから、確定申告時にはこれを添付する必要があります。

crowdworksで請け負った仕事のトラブル回避についてまとめてみた。

crowdworksで仕事を請け負うときに、やはりどうしても避けたいのはトラブルです。

多くのトラブルが主に仕事の受注に関してではないでしょうか。

特に初めて仕事を請け負うという方にとっては様々な不安要素があります。

crowdworksではいろいろな形式での仕事がありますが、なかでもプロジェクト形式のシドとに関してはトラブル回避についてあらかじめ気を付けておく必要があります。

まず注意する点としては、やはり仕事の内容をしっかりと確認を行ってから契約に踏み切るということです。

仕事に応募して、クライアントに採用されればそこで契約を行い仕事を開始していくわけですが、この際に内容を十分に把握しないでとりかかると仕事を完了させることが難しくなり、場合によっては途中キャンセルしなければならなくなります。

写真などの画像提出が必要な案件や、納品の方法や形式、納期などに関しては必ずあらかじめ確認しておくようにしましょう。

crowdworksのステータスの評価が重要かどうかを調べてみた。

crowdworksではお仕事をする側のメンバーと募集する側のクライアントを5段階の星の数で評価する制度があります。

評価はお仕事を完結して契約終了後の1か月以内までに付ける事ができ、2週間以内であれば修正する事も出来ます。

クライアントの側からは満足の出来る仕事を迅速に実行してもらった時にメンバーを高評価としたり、メンバーの側からは仕事のしやすい条件を受けたり報酬が支払われる手続きが迅速に行われた時にクライアントを高評価とする事があります。

一方、ごく稀とは言え仕事の途中でメンバーと連絡が取れなくなったり、契約が途中で一方的にキャンセルされてしまった場合は自動的にすべてのステータスが星1になる仕組みになっています。

これらのステータスの評価はプロフィール欄に表示され全メンバーが閲覧できる形になっており、メンバー側はお仕事に応募するか否かの判断、クライアント側はそのメンバーを採用するか否かの判断をするための重要な指針となります。

スポンサードリンク