スポンサードリンク

CANON PIXUS MG3630の人気の秘密についてまとめてみた。

キャノンプリンターの特徴はインクカートリッジの数が少ないのにも関わらずプリントした時の色味が濃いという点であり、特にMG3630は黒色の濃度が高くて明るい光の下で見ても濃紺に見えるといった事がありません。

そしてプリンターの構造自体も見直しが行われており、一体型のカートリッジを採用している上にインク交換に合わせてノズルヘッドも取り替えられるため、繰り返し使い続けていくと起こり得るノズルが詰まってしまうというトラブルを心配する必要が無くなっています。

また、プリンターが持っている最新の性能を無駄にしないようにインクも新しい物を開発し、写真をプリントアウトした時に明瞭な差異が生じる染料インクに加えテキストに長けている顔料インクも合わせて導入しました。

スポンサードリンク

そのため一台のプリンターで様々な印刷物を生み出すという場合でも見劣りしない作品が完成しますし、写真と文字の両方で構成されている年賀状では印刷業者に依頼したような仕上がりになります。

プリンターは仕組み上使い続けると下部で受け止める装置が満杯になってしまい溢れてしまうのが避けられなかったのですが、新たなるキャノンプリンターでは長年の問題点が払拭されています。

CANON PIXUS MG3630の手入れの仕方についてまとめてみた。

プリンターは常に使っていればそれほど手入れをしなくてもきれいですが、それでも長持ちさせたいのであればきちんとメンテナンスする必要があります。

基本的なことはまず表面のほこりなどを、拭いたりして取り除くことが重要です。

周りにほこりなどがついていることで、内部に入り込んだりしてしまうのできちんと対策することが大切です。

そのためできるのであれば固く絞った雑巾などで、毎日ほこりを取り除くようにしましょう。

またその際にはコンセントのプラグ部分も、ほこりがついていないかチェックして付着しているのなら取り除くことが大切です。

そしてキャノンプリンターを手入れする場合には、用紙の裏面が汚れないようにインク拭き取りクリーニングを行うことが重要になります。

手入れの仕方はプリンタードライバの設定画面を開き、インク拭き取りクリーニングをクリックします。

その際にはダイアログボックスの指示に従って用紙をセットしますが、折り目を付けたりするので注意しましょう。

そして実行をすることで、クリーニングすることができます。

また似たような手順でプリントヘッドをきれいにすることで、ノズルの目詰まりなどを解消することができるのでかすれた場合は実行しましょう。

CANON PIXUS MG3630の奇麗にプリントアウトするための準備・必要になるものを書いてみた。

キャノンプリンターの中でも特にコンパクトでスタイリッシュな外見が人気のMG3630は、コストパフォーマンスに優れたエントリー機器として多くの人から愛用されており、口コミランキングでも評判の良いプリンターとして知られています。

カメラのメーカーのプリンターらしく写真をプリントアウトした時の高精細な質感は他社を圧倒するほどの品質と評判で、通販サイトのランキングで一位になったこともある製品です。

コストパフォーマンスに優れたこの製品で綺麗にプリントアウトする為に必要なのが純正の消耗品です。

消耗品とは用紙やインクカートリッジの事ですが、これらは節約する為に社外品を使う人が多いものですが純正品を使うことによって非常にきれいな印刷をすることが出来ます。

その印刷クオリティの違いは文書でも十分に確認することが出来ますが、最も違いが分かりやすいのが写真です。

純正でないインクで印刷したものと比べると純正インクでプリントアウトした写真は一目瞭然と言えるほど高精細です。

プリント用紙も専用のものを使ったほうがより美しく印刷することが出来ますので、汎用品と比べると多少コストはかかりますが美しく仕上げるための必需品と言えるでしょう。

スポンサードリンク