スポンサードリンク

CANON PIXUS iP2700の人気の秘密についてまとめてみた。

キャノンプリンターのPIXUSは発売以来家庭用プリンターとして定番的人気を誇りますが、その中でも最近人気の機種がP2700です。

エントリーモデルとして買いやすい値段の割に印刷した時のクオリティが高く、文書は見やすい黒いインクが際立ち、カラー写真も美しくプリントアウトすることが出来ます。

実売価格で5000円を下回るプリンターの中ではかなりのコストパフォーマンスの良さが評判で、使いやすいエントリーモデルとして高く評価されています。

スポンサードリンク

最近のプリンターでは珍しく一体型カートリッジが採用されているため、ワンタッチでインクカートリッジを交換することが出来るのも魅力です。

このプリンターは大手通販サイトでもベストセラー1位を記録したことがある商品という事からわかるように、価格と印刷品質のクオリティのバランスが良い点が支持されています。

最近の上位機種ではインクの全色セットを購入するだけでも純正品を購入すると5000円以上かかりますが、このプリンターはインクセットを購入するよりも安い価格でインク付きの本体を購入できる点がライトユーザーに人気の理由です。

数回使えればよい、印刷出来ればよいというユーザーからも注目されています。

CANON PIXUS iP2700の手入れの仕方についてまとめてみた。

キャノンプリンターの PIXUS iP2700は2010年に発売されながらまだ継続販売しているかなりロングセラーなプリンターです。

iP2700はインクジェットプリンターですので、どうしてもインクがつまります。

それを防ぐためには時々プリントヘッドのクリーニングをすることです。

プリンタドライバの設定画面のユーティリティのクリーニング、を実施します。

インクが目詰りしてしまった場合には、強力クリーニングを実施します。

また、パソコンを使わなくても本体だけでもクリーニングできます。

リセットボタンを長押しすると、電源ランプが緑色に1回点滅しますので、手を離します。

これでクリーニングが実行されます。

インクヘッドが正常にクリーニングされたかどうかを確認するためにはノズルチェックパターンを印刷して確認します。

しかしながら、プリントヘッドのクリーニングを実施しても正常にならない場合があります。

PIXUS iP2700はインクタンクにヘッドが含まれていますので、インクを交換するのならばお手入れは不要です。

ただし、 PIXUS iP2700のプリンタインクはとても高価なので、プリンタ自体を買い替えたほうが安いというところが玉に瑕です。

CANON PIXUS iP2700の奇麗にプリントアウトするための準備・必要になるものを書いてみた。

キャノンプリンターのPIXUS iP2700はまだ店頭販売されていますが、2010年発売開始のかなり古いプリンターです。

最新技術を駆使されたプリンターというわけではありません。

その為、綺麗にプリントアウトするためには純正のインクと印画紙を使うことです。

キヤノンの「ChromaLife100+」(クロマライフ100プラス)と言う技術で、純正のインク(BC-311)と純正の写真用紙の組み合せで、色あせしにくい、写真品質で印刷することができます。

インクは非公式には詰替する方法もあるのですが、それではきれいな印刷結果とはなりません。

特に経年変化が大きいです。

更に、印刷紙を選択することでさらにきれいにプリントアウトすることができます。

フィルム密閉型のアルバムなどに暗所保存するような環境に限定されますがキヤノン写真用紙・光沢 ゴールドで、300年以上、キヤノン写真用紙・光沢 プロ[プラチナグレード]では200年以上の保存性が実現されます。

外に飾る場合の耐光性は30年になってしまいますが、それでもかなりきれいな状態を保つことが可能です。

またこれらの専用紙では耐ガス性も強く、約10年も保存性があります。

また、印刷時には同梱ソフトウエア「My Image Garden」を使用すると、撮影光源を推定し色かぶりを補正してくれ、更にきれいな写真を印刷することができます。

スポンサードリンク