スポンサードリンク

BLUE DRAGONの上位生命体についてまとめてみた。

BLUE DRAGONとは、ミストウォーカーのゲームソフトの名前です。

このゲームソフトを原作としたテレビアニメも人気を集めています。

BLUE DRAGONは、タタの村に住んでいた少年でナイトマスターに憧れを抱いています。

7人の光の戦士の末裔の一人、ヒロインのクルックとは幼馴染などの特徴を持ちます。

スポンサードリンク

BLUE DRAGONは感情に身を任せ行動する性格、しかしこれは皆を守るためである。

これ以上佳奈美シミを広げないなどの思いから出る行動です。

その反面、仲間のジーロとの対立やリーダー役であるゾラに宥められることも多いのです。

2期ではメンバーのリーダー役として指揮を執り、精神面においての成長が見られます。

序盤は自力で発動することが出来ません。

れは激怒したクルックがフライパンを使って、シュウの頭を殴ることで発動する事が出来たのです。

発動するもののコントロールが出来ないため、影の力に飲まれそうになることもあります。

BLUE DRAGONが暴走するケースも多くありました。

一期最終回では影の力を失い、二期では上位生命体のノイの力により復活をとげることになります。

ノイは影使いのことを良く知る謎の少年です。

上位生命体には、ファギーノやルドルフなどが存在しています。

ノイはBLUE DRAGONと合体することで上位生命体に対抗可能な力を得ることが出来ます。

BLUE DRAGONの影についてまとめてみた。

BLUE DRAGONに登場する「影」とはなんでしょうか?

遥か昔に存在していた七人の光の戦士が持っていた精霊を操る能力や、精霊自身を指し、末裔たちにも引き継がれています。

七人の光の戦士の末裔で主人公のシュウの影はブルードラゴンです。

ブルードラゴンのプライドが高く、はじめはシュウを見下していました。

共に戦いながら信頼関係を築き、強敵を倒したり他の影やシュウと合体することで強くなっていきます。

クルックの影であるフェニックスは、彼女が誰かを守ろうとする意思によって発動しました。

穏やかな性格で優れた防御力のシールド能力を持っています。

その間はフェニックス自身は無防備となります。

マルマロの影であるサーベルタイガーは礼儀正しく、最高のスピードを誇っています。

ジーロの影はミノタウロスで、普段はひょうひょうとした性格です。

肝心なときには力を発揮します。

ブーケの影であるヒポポタマスは通常は臆病な性格で戦うことはできません。

変身能力により敵の攻撃をコピーして反撃できるだけではなく、読解不可能な文字を再現して謎を解いたこともあります。

女剣士ゾラの影はキラーバットで、彼女と同じように剣で戦います。

ゼネラル・ロギは2つの影を持ち、人工的に作られ忠実に命令に従うヴァルキリーと本来彼が持っていたオーディンが存在しています。

デスロイの影は最強クラスの強さを持つキメラです。

自身の属性を変化させる能力を持ち相手の攻撃を無効化できます。

BLUE DRAGONの原作とアニメでの違いについてまとめてみた。

BLUE DRAGONは、ゲームソフトを原作としたテレビアニメ作品です。

自分の影を操って世界を破滅なら追い込もうとするネネとの戦いを描いています。

基本的設定は原作のゲームとアニメは同じです。

細かい部分ではキャラクターの性格や年齢、能力などが異なっているのです。

影の概念は同じですが、その能力を使う方法や条件なども微妙に違っています。

原作を知らない人でもアニメーションだけで十分に楽しめるストーリー内容といえます。

原作のゲームのパラレルワールドのような関係となっているのです。

原作ではシュウやクルックの年齢は16歳ですが、アニメ版は10歳です。

さらに、ジーロはシュウの村の黒髪の少年でした。

アニメではゾラの仲間の銀髪と大幅に変わりました。

その他にも、ジブラル王が全くの別人となるなど変化ぎ数多く見られます。

このように、BLUE DRAGONは、原作とアニメーションにおいて多くの相違点があるのです。

ファンにとっては異なる二つの作品を見ることができるメリットもあります。

ストーリー展開はスピーディーで予測ができない面白さがあります。

そのため、若者から中高年まであらゆる年代の人々からも親しまれているのです。

スポンサードリンク