スポンサードリンク

Angel Beats!で人気が出た、Girls Dead Monsterについて人気の理由についてまとめてみた。

「Girls Dead Monster」というバンドをご存知ですか。

その名前を聞いてすぐにピンとくる方はアニメ好きに違いありません。

その言葉からわかる通り「Girls Dead Monster」はアニメを中心とした「Angel Beats!」関連作品に登場する架空のバンドの名前です。

スポンサードリンク

通称「ガルデモ(Gldemo)」の名で愛される本バンドは、音源に一切手抜きのない恰好良さからアニメの枠を超えて多くのファンから高い支持を集めています。

特に、程よいインディーズ感あふれる決してうますぎない荒々しい音の響きがファンの心を強く掴んでいるようです。

また、「Girls Dead Monster」は「Angel Beats!」の物語が進む中でボーカルが交代するという演出がある点も見逃せません。

どちらのボーカルが好みかなどさまざまな議論を楽しめる点もファンの心を掴んでいる大きな理由の一つと言われています。

興味がある方はぜひ一度その音楽に触れてみることをおすすめします。

なお、たくさんの楽曲を誇る「Girls Dead Monster」ですが特にファンの中で名作と言われているのが「Last Song」です。ぜひ聞いてみてください。

Angel Beats!の天使こと立華奏が使う特殊な技をまとめてみた。

死んだ少年少女があの世の学園を舞台に戦いながらも学戦生活を送る「Angel Beats!」で天使こと立華奏は異分子を排除する役割を果たそうとする登場人物です。

そんな彼女は自分の身を守る手段としてガードスキルという肉体強化および能力追加ができる特殊能力があり、その技は大まかに分けて8つあります。

最も代表的な技はハンドソニックと呼ばれる手甲剣を出現させるもので、薄刃の長剣やトライデントなど複数のバージョンがあるのが特徴的です。

次に挙げられるディストーションは体表に特殊な力場を発生させて弾丸や爆風を弾くもので、銃撃戦や爆撃戦の防御に用いられていました。

そのディストーションと対をなすと言われているディレイは簡単にまとめると瞬間移動です。

攻撃を受けた瞬間に瞬時に死角へ移動したり等ディストーションでは対応できない近接戦で本領発揮していました。

それから常時起動状態で発動していたと考察されている身体能力の強化のオーバードライブに制限はないものの本体とは異なる人格の分身を作るハーモニクス、その分身を回収するための技のアブソーブにハンドソニックの使用中に武器を擦り合わせる事で聴覚と平衡感覚へのダメージを狙う音波攻撃のハウリング、そして天使の役割にふさわしい美しい白い翼を背中に出現させるエンジェルズウィングとなっています。

Angel Beats!のアニメのおすすめ個所をマニアに聞いてみた。

数々の名作を世に送り出してきた人気クリエイターが手掛けるAngel Beats!は、多くのアニメファンを魅了した作品です。

特にテーマソングをはじめとした音楽は高く評価され、心に響く曲調と歌詞は作品にとてもマッチしていて雰囲気を盛り上げています。

楽曲自体の完成度もハイレベルで、歌をきっかけにAngel Beats!を知りファンになった方も少なくないでしょう。

もちろん音楽だけではなく、ストーリーや映像も見どころの一つです。

個性的なキャラクター達によって繰り広げられるコミカルな会話や予想もつかない展開は見る人を全く飽きさせません。

前半はKey作品でおなじみの野球回や演出が光るギャグ回など笑わずにはいられない話が多く、たった1クールの中に面白さがつまっています。

その一方でだんだんとシリアスな設定や世界観が明らかになっていき、心を揺さぶるラストへと繋がるのも魅力です。

ただのテンポがいい学園物で終わらず奥深いメッセージ性が込められているので、面白さと感動を両方楽しめるでしょう。

また映像にも力が入っていて、今でも色あせないライブシーンやバトル描写の美しさは必見です。

さらに小説や漫画、ゲームなど関連作品も豊富で、アニメを見終わった後に物語を補完できるのもポイントです。

スポンサードリンク