スポンサードリンク

amazonのギフト券の使い方を調べてみた。

amazonギフト券とはインターネット通販サイトのAmazonでのみ使用できる電子マネーです。

Amazonで買い物を行う際の会計時に、ギフト券の登録金額だけ割引が受けられてギフト券の登録金額が商品の支払い金額を上回っているような無料で商品を購入できるようになっています。

登録式のギフト券なのでAmazonに会員登録をしなければ利用できないという点が注意すべきポイントとして挙げられます。

スポンサードリンク

amazonのギフト券の使い方はマイページのギフト券登録の項目からコピー&ペーストなどを利用して事前のギフト番号を入力しておく、欲しい商品をAmazonで探す、買うべき商品が決まったら会計を済ませるという流れになります。

Amazonが独自に導入しているクレジットカードなどで獲得できるポイントと違い、ギフト券はいくら分使用するなどとユーザー側が入力しなくても残金が自動で支払いに適応されますので、事前の入力さえ済ませておけば自然と全ての金額が支払いに活用されるものと捉えておいて構いません。

ただし有効期限がありますので、有効期限内に全額を使い切らなかった場合には失効してしまうことも考慮すべきだと言えます。

早めに使い切ってしまったほうが無難だからです。

amazonのギフト券のデジタル・メール版とプレペード版との違いは?

amazonのギフト券のデジタル・メール版は、コードが直接メールで送られてくることが特徴です。

Amazonのサイトでギフト券を購入するとメールでギフトコードが送られてきます。

本人以外の人に贈ることも可能です。

一方のプレペード版はコンビニやドラッグストアなどの実店舗で購入ができます。

もちろんAmazonのサイトでも購入ができます。

送料は無料ですが、一定の金額以上を購入しなければなりません。

例えば、封筒型なら二千円からの購入となります。

メール型のほうなら1円単位からの購入が可能です。

例えば、プリペイドカードの残高が232円余っているので232円分を購入するといったことに使われることも多いようです。

このように購入できる金額の単位や購入方法・受け取り方法などに違いがありますが、その中身は全く同じです。

公式サイトのアカウントにチャージをすることで買い物で使用することができます。

基本的にほぼ全ての買い物で使用することができますが、一部のサービスなどでは利用ができないこともあります。

その他にもボックス型などさまざまなタイプがあります。

ボックス型も送料が無料ですが、五千円からの購入となる点には注意が必要です。

Amazonのギフト券のプレゼントするときの買い方と、メッセージ付きの時のやり方を調べてみた。

Amazonのギフト券にはカード・レシート・Eメール・印刷・グリーティングカード・ボックスタイプと言った様々な種類が用意されています。

ただ、プレゼントとして購入する場合にはメッセージを添付できるEメールタイプか、きちんとお礼や感謝を伝えたい場合にはグリーティングカードやボックスタイプといった選択肢が最適です。

Eメールタイプは指定した相手のアドレス宛に直接ギフト券を贈ることが可能で、Amazonから購入してすぐに送付できる手軽さがあります。

テンプレートのデザインを選んでメッセージを添えることも可能です。

グリーティングカードは贈り方にも2通りあり、自宅へまず届けてもらいメッセージを書いた後に自分で贈る方法と、相手先へ直接贈る方法です。

フリースペースも多いため寄せ書きなどとの親和性も高くなります。

最後にボックスタイプですが、しっかりとした化粧箱に入っているため最もプレゼント感が高くなります。

デザインも豊富で贈り物としても恥ずかしくありません。

購入時のメッセージ入力はできないため、こちらも自分で取り寄せる必要があります。

Amazonのギフト券は以前は有効期限がタイプによって、1年から3年までありましたが、2017年4月24日以降に発行されたものだと有効期限が一律で10年に延長されています。

もらったことを忘れていない限りは、期限切れを心配する必要はありません。

スポンサードリンク