スポンサードリンク

5月病の症状・原因とは?

5月病の症状と原因は、一つではありません。

まず大きな原因の一つとして考えられるのが、ストレスです。

4月から5月にかけてのシーズンは、新生活を始める人が多いことでも有名です。

スポンサードリンク

新生活を始めたのは良いものの、環境の変化になかなか適応することが出来ずにストレスが溜まってしまうことがあります。

これによって、本人も気づかない内に精神的なダメージが溜まって言って苦痛に感じるわけです。

実際に、正式には5月病という病気は存在しません。

一般的な季節的な病的な症状としてそのように言われているだけです。

ですから、精神的な安寧の場所を見つけると気分が楽になることがあります。

リラクゼーションの手段を見つけることが、解決の一つとしても考えられます。

また、もう一つの大きな理由としては周囲の気温の変化も挙げられます。

春先から夏にかけての気温変化は、肉体的にも大きな負担を与えることが分かっています。

特に、春から夏は寒暖差の激しい気候になってしまうため、身体がけだるい状況になってしまい、そうした温度変化に対応できずに辛くなってしまうこともがあります。

こうした症状を改善するためには、昼夜で起こる気温の変化に対応できるような服装や環境を事前に準備しておくことが大切です。

5月病にならないようにするための対策とは?

4月は就職や転職で新しい職場に行く人や異動や転勤で環境が変わる人が多い季節です。

人は環境が変わると上手く適応しようとします。

しかし思ったように適応できず落ち込んだり憂鬱な気分になったりする場合もあります。

ゴールデンウイークを過ぎた頃に気分が落ち込む場合が多いためそのような状態を5月病と呼んでいます。

環境に慣れれば大丈夫と楽観視する人もいますが、放置するとうつ状態になり職場に行けなくなるほど重症化することもあります。

そうならないように対策法を覚えておきましょう。

まずストレスを溜めないようにすることです。

新しい環境に適応しようと努力していると無意識に自分の意見や気持ちを抑え、心の奥へと押し込んでしまうことがあります。

悩んだときや自分の気持ちを話したくなったら我慢せず家族や友人、同僚などに聞いてもらいましょう。

張り切り過ぎないようにすることも大切です。

新しい環境に早く慣れなければと焦るあまり必要以上に張り切ってしまうことがあります。

それも大切ですが自分の目標や計画をきちんと立て、無理のない範囲で仕事を進めることも社会人として大事なことです。

上司や同僚と相談して焦らず進めていきましょう。

ゴールデンウイークの過ごし方も重要です。

仕事を忘れてリラックスするのも良いですが生活リズムを崩さないように過ごしましょう。

オンとオフを上手に切り替えて5月病にならないよう気を付けてください。

5月病のになった時に行く病院の選び方をまとめてみた。

5月病とは、環境の変化に自分でも気付かないうちに、肉体的、精神的な疲労を蓄積させてしまい、ゴールデンウィークで緊張の糸が切れることで、ストレスとなって一気に重くのしかかるということです。

症状としては、睡眠障害。免疫力の低下。頭痛。食欲不振。めまい、動悸。イライラする。焦りや不安を感じる。無気力。無関心などです。

5月病を疑った場合は、まずはかかりつけの医師の診察を受けましょう。

医師のよっては、「しばらく安静にして様子をみましょう」などといった診断をします。

その場合、2週間様子をみて、それでも症状が続くようであれば、精神科や心療内科での診察を受けてみましょう。精

神科と心療内科での明確な区別はありませんので、どちらの科を受けても大丈夫です。

病院はたくさんありますが、有名な病院よりも近さや通いやすさを重視しましょう。

自分に合うかどうか決めつけずに、話しやすさや安心できる雰囲気かを自分で確認しましょう。

2回は通ってみて、それでも自分に合わないと感じたら、病院を変更しましょう。

長く元気に働き続けたいなら、体も心も健康でなければなりません。

心に少しでも不調を感じたら、病院を利用して医師に相談するようにしましょう。

スポンサードリンク