スポンサードリンク

2017年(決定版)の洗濯機のおすすめランキングトップ3と、その理由も簡潔に書いてみた。

ランキングの1位は、パナソニックのドラム式洗濯乾燥機となっています。

温水泡洗浄が特徴となっており、汚れ落ちがよいことが魅力です。

また、おしゃれ着も温水で洗うことが出来ますので、すっきりとした洗い上がりになります。

スポンサードリンク

洗濯物の種類や汚れ具合によって、選べるコースがたくさんあることも、嬉しくなります。

また、節電や節水を意識した省エネ洗濯機ですので、安心して毎日、使うことが出来ます。

さらに、タッチパネルが大きいため、使いやすくなっています。

2位には、日立のビートウォッシュがあげられます。

縦型ですが、11kgまで洗える、大容量の洗濯乾燥機です。

洗いムラをおさえ、がんこな汚れもすっきりと落ちます。

また、洗濯物の出し入れがしやすいため、使いやすいことで人気があります。

洗濯槽の掃除は自動でしてくれますので、いつも清潔さをキープ出来ます。

さらに、ガラストップデザインですので、デザイン性が優れており、置いておきたいような洗濯機となっています。

3位は、AQUAの洗濯乾燥機です。

容量は10kgと大きいですが、乾燥機はついていません。

乾燥機は要らないという人達には、向いています。

少ない水で、がんこな汚れを落とす機能がついていますので、節水効果があります。

また、洗濯時に出るごみや衣類の繊維をキャッチする、フィルターの機能が充実していますので、洗濯機や衣類がいつも清潔です。

洗濯機の平均寿命、そして寿命を延ばす方法についてまとめてみた。

洗濯機の平均寿命は搭載されている機能の多さや価格帯、メーカーなどによっても異なりますが、多くの場合5年から10年程度と言われています。

昭和の時代の洗濯機を現役で使っている家庭もありますが、比較的古くに作られた家電のほうが複雑な機能が搭載されていない分長持ちするという傾向にあります。

最新式の家電は洗濯機に限らず電子制御されているものが殆どで、こうした家電は複雑な機能が搭載されているため基盤に不具合が生じた場合壊れる可能性が高くなります。

そのため、最近の家電は壊れやすいといわれる風潮にありますが、最近では家電量販店で5年保証は10年保証など延長保証が用意されていますので、そうした保証に加入することで修理費用の負担を減らすことが出来ます。

洗濯機の寿命を延ばす方法としては、使い終わったら洗濯機の蓋をしめずに開けておくことや、定期的に掃除をすることなどが挙げられます。

洗濯槽の中はカビや汚れの温床になりやすいため、健康のためにも一か月に一度程度はカビ取りをするのがポイントです。

その他糸くずフィルターも使うたびに掃除するのが良いでしょう。

湿気がたまりやすい洗濯機はいつも清潔に使うことで寿命を延ばすことにもつながります。

一人暮らしでも買える、価格の洗濯機を調べてみた。

一人暮らしを始めるにあたって必要な家電といえば洗濯機ですが、1人で暮らす場合には家族で暮らす場合に比べてそれほど容量は必要としませんので、6キロ程度あれば十分と考えられます。

それより少ない容量のものもありますが、1人暮らしの場合シーツや布団カバーなどを選択することになりますので、ある程度の容量があったほうが安心ですし、毎日洗濯せずに一週間に数回したほうが経済的ですので、この程度の容量のものが人気です。

一人暮らしで使う洗濯機では、乾燥機能がついているかついていないかによって価格帯は異なります。

ホームセンターで乾燥機能がついていないシンプルなものを買い求める場合、3万円程度から購入することが出来ます。

乾燥には風を使った簡易乾燥とヒーターを使ってかわかすタイプがあり、簡易乾燥のものはプラス一万円程度の価格になりますが、ヒーターを使った乾燥機能がついているものでは5万円を超えるものが一般的です。

乾燥機能が必要かについては生活スタイルにもよりますが、浴室に乾燥機がついていたりベランダに干すことが出来る場合には使わないケースも多いので、シンプルなタイプで良い場合には3万円から5万円程度で購入することができます。

スポンサードリンク