2017年度版の日本の紅葉ベスト10を調べてみた。

日本の紅葉ベスト10、第10位は、岐阜県土師市の木曽公園。
池に移る逆さ紅葉が有名な場所です。
第9位は、京都府京都市東山区の大本山東福寺。
通天橋から見える渓谷に広がる紅葉が見られます。
第8位は、埼玉県の秩父郡長瀞町。
荒川を船で下る川下りで、川沿いの紅葉が見られます。
第7位は、東京都新宿区の明治神宮外苑。
約300メートル続くイチョウ並木が有名な場所です。
第6位は、京都府京都市左京区の永観堂禅林寺。
11月7日から12月6日までは、境内がライトアップされます。
第5位、東京都昭島市の国営昭和記念公園。
美しく整えられた、イチョウが有名です。
第4位は、東京都八王子市の高尾山。
ケーブルカーから紅葉が見られます。
第3位は、滋賀県長浜市の鶏足寺。
落ちた葉が真っ赤な絨毯のようになります。
第2位は、愛知県と豊田市の香嵐渓。
11月1日から30日まで開催される香嵐渓もみじ祭の開催中は、ライトアップがされます。
第1位は、滋賀県高島市のメタセコイア並木。
真っ直ぐに伸びた道路の両脇に、約500本のメタセコイアが並んでいます。
11月下旬から12月上旬までが見頃です。

日本の紅葉の外国人観光客の反応をまとめてみた。

日本だけでなく世界の様々な場所にも四季は存在しますが、とりわけ日本の四季が生み出す自然の風景は美しく壮大であるため、外国人観光客からも絶大な人気を誇ります。

スポンサードリンク

中でも秋に見られる紅葉を目的に、毎年多くの外国人観光客が訪れます。

日本の紅葉を見た外国人観光客の多くは、紅葉か生み出す色彩のグラデーションやその美しさ、幻想的な風景に心を奪われます。

しかも、それらは一様に決まったものではなく場所によって異なるため、人によってはいろんな場所を訪れてそれぞれの違った日本の紅葉を楽しむ人も多いです。

特に日本が好きで熱心な外国人観光客は、予め日本の紅葉に関する知識を勉強しておいたり、時期ごとにどこが一番綺麗に見られるかを調べておいたりする人もいます。

反対に、最初は紅葉ではなく別の用事で日本に訪れていた人や、むしろ紅葉など全く興味が無かった人などが、たまたま見かけた紅葉に心を奪われることによってその魅力に気付く人も少なくはないです。

日本の紅葉が美しい理由について調べてみました。

日本の紅葉は色鮮やかで美しく、心を和ませてくれる効果があります。

その美しさは海外からも注目を集め、観光客の人気を高めています。

実は紅葉は世界的に珍しく、日本の紅葉が美しいのは落葉樹の種類が豊富にあるからだとされています。

落葉樹の種類が豊富にあることによって、黄色や赤色に葉が変化することで美しいコントラストを可能にしています。

日本には四季があり夏から冬の寒暖差が激しいこうとによって、紅葉の美しさを際立たせます。

日本は起伏の富んだ複雑な地形と、多様な環境が混じり合う場所です。

自然の奇跡が偶然にも重なることによって、落葉樹の森を守ることができました。

日本の紅葉が美しい理由には、納得のできる理由がありますので紅葉を見に行く際には木々の種類などをじっくりと観察してみることも面白いです。

海外では日本のように美しい紅葉が見られることは、あまりありませんので非常に珍しいことです。

日本の紅葉には人を引き付ける魅力があります。

スポンサードリンク