スポンサードリンク

2017年度版の人気なクリスマスの食事のレシピを調べてみた。

クリスマスの食事と言えば、普段とは違うちょっと豪華な料理を作るという人が多いようです。

海外のクリスマス料理を取り入れたスタイルが主流で、メイン料理としてはやはり1番人気はローストチキン。

同じくフライドチキンも定番です。

スポンサードリンク

華やかさを感じるローストビーフやミートローフなど牛肉を使った料理も鶏肉に肩を並べます。

サブメイン料理では、グラタンやラザニアのパスタ料理が人気です。

ここまでを見てみると大勢で食卓を囲み、取り分けながら食べるようなスタイルがイメージでき、さらにオーブン料理が人気のようです。

サイドを囲むサラダや温かいスープにもこだわりたいですね。

定番のミネストローネはもちろん、シチューパイも人気です。

シチューパイとはカップにシチューを注ぎ、上から蓋をするようにパイ生地をかぶせて焼き色がつくまでオーブンで焼いたもの。

ビーフシチューでもホワイトシチューでも、具材は鮭やかぼちゃなどアレンジしやすくスープが一気に豪華になるため近年特に人気です。

プロがおすすめするクリスマスの食事のレシピを調べてみた。

クリスマスに食べるスイーツの定番としてケーキを挙げることができますが、クリスマスの食事ということになれば困ってしまう場合があります。

プロも認めるクリスマスの食事のレシピとしては、ローストチキンという料理がおすすめです。

鶏丸ごと一匹の外側を焼き上げ、中側についてはしっとりとした焼き上がりになるように注意します。

塩分が均一に入るコツとしては、焼く前に丸一日をかけてポリ袋に入れた鶏を塩漬け液に漬けておくことがポイントになります。

ローストチキンはクリスマスに最適な美味しい料理になっているため、うまく完成すればクリスマスパーティーを参加者全員で楽しく過ごすことができます。

巻かないロールキャベツという料理もクリスマスの食事として推奨されています。

キャベツをくりぬいて肉だねを詰める作業で完成するため、手軽なレシピになっています。

コンソメで味をつければ、たいへん美味しくいただくことができます。

ローストチキンと巻かないロールキャベツを用意すれば、華やかな雰囲気のクリスマスになります。

クリスマスの食事の歴史について調べてみた。

クリスマスになると豪華なご馳走が並びます。

なぜ、クリスマスの食事はこのようになったのでしょうか。

クリスマスはキリストの誕生日です。

ですのでその日はキリストを祝うために豪華なご馳走を食べるという意味があるのです。

クリスマスの食事といえば七面鳥のイメージですよね。

なぜ七面鳥なのかはアメリカが発祥と言われています。

七面鳥の料理には感謝するという意味も込められており、クリスマスなどのお祝い事には七面鳥を食べて、感謝の気持ちを大切にしようということから食べられることになりました。

他にもクリスマスと言えばケーキですね。

キリストの誕生日でバースデーケーキが元になっておりますが、クリスマスにケーキを食べる習慣は不二家が作ったそうです。

これは意外と知らない方が多いと思います。

今ではクリスマスになるとケーキ商戦が繰り広げられるくらい当たり前になりましたよね。

今年のクリスマスには七面鳥とケーキを用意して、みんなでお祝いしましょう。

スポンサードリンク