2017年のセレンゲティ 国立公園で絶対泊まりたいホテルランキングベスト10をまとめてみました。

セレンゲティ 国立公園はタンザニア連合共和国北部にあるマラ州など3つの州にまたがっている自然保護を目的とした国立公園です。

どのホテルもセレンゲティ 国立公園内にあり、運が良ければ珍しい野生動物たちを見ることができます。

サバンナの中にあるオアシスのようなホテルに泊まりたいなら「フォーシーズンサファリロッジセレンゲティ」がおすすめで、まるでサファリパークの中にいるような感覚を楽しめます。

スポンサードリンク

宿泊料金は一泊あたり10万円以上掛かりますが、日本では見るのが難しい動物を手が届きそうなほど近くで見られます。

そのほか、ベッドルームやバスルームからは国立公園全体を見回せます。

宿泊料金を抑えたいという方は上記のようなロッジではなく、ガイドが同行するキャンプツアーが良いでしょう。

ロッジだと部屋の広さによって異なりますが、最低10万円は必要です。

キャンプツアーの場合は1人あたり2万円と安い料金で参加することができます。

セレンゲティ国立公園で必ずあっておきたい動物ランキングとは?

南アフリカ、タンザニアにある世界自然遺産セレンゲティ 国立公園はマサイ語で「果てしなく広がる平原」を意味し、キリマンジャロの裾野に広がる日本の四国の大きさと同等の草原地帯です。

このセレンゲティ 国立公園内には様々な動物が生息しており、その数は約300万頭と推定されています。

そんな数多くの動物が暮らすセレンゲティ 国立公園で必ず会っておきたい動物ランキングの紹介です。

3位 シマウマ サバンナを颯爽と走る姿は見ていて飽きません。
2位 ライオン 百獣の王ライオン。運が良ければ狩りをする場面を見られるかもしれません。
1位 ヌー 公園内に生息している約3割を占めています。雨季と乾季で草原を求め隣接するケニアの保護区との移動を繰り返しています。その距離は何と、1500km。雨季となる12月から6月の間は地平線をヌーが埋め尽くし、その光景は素晴らしいものです。

以上セレンゲティ 国立公園で必ず会っておきたい動物ランキングでした。

とは言え、沢山の種類がいるセレンゲティ 国立公園、全てが見どころかもしれません。

世界遺産「セレンゲティ国立公園」の詳しいアクセスや、ツアー情報などの詳細情報を調べてみた。

セレンゲティ 国立公園は、タンザニア連合共和国の北部にある、自然保護を目的とした国立公園です。

セレンゲティとはマサイ語で「果てしなく広がる平原」という意味で、その名前の通り、広大な草原の広がる自然豊かな観光地です。

年に一度ある、動物たちの大移動などでは、豊かな自然を悠々と横切り走っていく、動物たちの姿がみられます。

セレンゲティ 国立公園に旅行に行きたい場合には、ツアーを利用して行くのがおすすめです。

個人手配などで行けなくもないですが、アクセスするにはそれなりの下調べや準備が必要になります。

ツアー価格は、大人一人、10日の日程でだいたい30万?40万前後といったところです。

セレンゲティ 国立公園だけではなく、そのほかの観光地にも足を伸ばせるほか、現地のガイドさんに案内してもらえるので、よりストレスなく旅行を楽しむことができるでしょう。

サファリカーでサファリ内を案内してもらえるツアーなどもあるので、自分の希望を叶えられそうなツアーを選んでみましょう。

スポンサードリンク