鳥取県が主催している、ポケモンGOの鳥取砂丘でのイベントの来場者数を調べてみた。

2017年11月24日?26日の3日間開催された鳥取砂丘のポケモンGOイベントは全国的に注目を集めるイベントとなりました。

平日を含む3日間でしたが初日から多くのポイントトレーナーが集まり、市内は大渋滞に見舞われました。

約8万9千人という来場者数を記録し、これに付随する経済効果は18億円にもなります。

スポンサードリンク

鳥取市は予想の3倍以上の来場者数に驚きを隠せず、渋滞を始め無断駐車など様々なトラブルもあったため地元民からは苦情も殺到し、手放しでは喜ばないほどの結果を出しました。

鳥取県を代表する観光スポットである鳥取砂丘は多くの人で溢れており、対応しきれないと判断した鳥取市は急遽レアポケモンの出現範囲を砂丘だけではなく鳥取市東部全域まで拡大させました。

大きな経済効果を生み出せたこと、多くの人に来場してもらえたことを踏まえてまた来年も開催したいという鳥取市の声もありますが、そのためには数多くの問題も解決させる必要があると考えています。

鳥取県が主催している、ポケモンGOの鳥取砂丘でのイベントでの観光列車について調べてみた。

鳥取県にある広大な砂丘、鳥取砂丘で11月24日から26日に開催されたポケモンGOのイベントはバリヤードやアンノーンなどの入手困難なポケモンが出現することで、イベントには大勢の人たちが訪れました。

この鳥取砂丘でのポケモンGOのイベントに合わせてJR西日本米子支社はイベントへの告知協力のため、特別列車「ポケモン号」も登場させました。

この列車は米子~鳥取間を1時間40分弱で走る快速列車「とっとりライナー」126系2両編成を、ポケモンGOをイメージした特別なヘッドマークを着けた列車でした。

ヘッドマークにはモンスターボールの配色とレールを組み合わせた丸の中にピカチュウと鳥取砂丘、ポケストップをあしらった可愛いデザインです。

運行は8時39分・10時47分・12時57分の米子駅発の3便で運行され、イベント期間限定で運転されました。

イベントも大盛況のうちに終わり参加者数は約89,000人、経済効果は約18億円になったそうです。

鳥取県が主催している、ポケモンGOの鳥取砂丘でのイベントでのイベント内容を調べてみた。

2017年11月24日から26日まで開催されたPokemon Go Safari Zone in 鳥取砂丘では、鳥取砂丘内に100mごとに設置されている杭をポケストップとして設定し、たくさんのアイテムを入手できるチャンスがあるのに加えて従来はヨーロッパ諸国限定で出現していたバリヤードや滅多に出現する事のないアンノーンなど貴重なポケモンが出現しました。

期間中に開催された鳥取砂丘ポケモンGO ARコンテストはポケモンGOアプリのARカメラで撮影した画像をTwitterやInstergramに投稿するもので入賞者には鳥取和牛がプレゼントされました。

鳥取県がカニ水揚げ量日本一である事にちなんで開催された砂丘へウェルカニキャンペーンでは、イベント期間中に周辺に設置されている応募箱に応募用紙を投函する事で鳥取県産松葉ガニが抽選でプレゼントされました。

鳥取砂丘と浦富海岸をもっと楽しむ体験ツアーでは砂丘内のジオスポットツアーや砂丘の写真撮影、星空観察会なども開催されました。

期間中には世界中から89000人ものポケモントレーナーが来場し、ポケモンGOだけではなく鳥取砂丘を楽しむイベントとして大成功を収めました。

スポンサードリンク