スポンサードリンク

魔法科高校の劣等生の秘密についてまとめてみた。

魔法科高校の劣等生の人気の秘密、それは世界観の深さにあります。

インターネット上で魔法科高校の劣等生の評価を見ると「さすおに(さすがはお兄様ですの略)」に象徴される主人公、司波達也の万能の天才的チートぶりと兄妹の間で展開されるブラコンぶり、シスコンぶりばかりがクローズアップされがちです。

しかし数百以上の作品がひしめく激戦のライトノベル業界は単にすごい主人公を出しただけで勝ち抜けるほど甘いものではありません。
ではそうした量産型のチート無双作品と魔法科高校の劣等生を分けるものは何かと考えていくと、辿り着くのが桁違いの分量で展開される世界観の構築です。

スポンサードリンク

たとえば二巻の「九校戦編」では作者の佐島勤さんは「現代的な世界観で生徒の技術向上を目的に開催される架空の魔法競技のルールと基本戦術」について詳細な描写を展開しています。

初期の魔法科高校の劣等生は小説というよりも、独自に考えた世界観のワールドガイド本と言ってもいいぐらいです。

こうした試みは小説の迂遠さ、読みにくさにも繋がり必ずしも全てがプラスに機能しているわけではありませんが、作者が自身の作品に注ぎ込む桁違いの熱量が、ネタ扱いされながらも魔法科高校の劣等生が多くの人に愛される理由の1つになっているのは間違いありません。

魔法科高校の劣等生のストーリーをまとめてみた。

第三次世界大戦が終結して35年が経過した西暦2095年。

魔法が一般的となった世界の国立魔法大学付属第一高校に二人の兄妹が入学してきます。

天才的な才能に恵まれ、エリートである一科生となった司馬深雪と才能がない二科生となった司馬達也の二人です。

達也は深雪が生徒会書記に任命されたこともあり、彼もなし崩し的に生徒会へ入る事になります。

魔法科高校の劣等生の中では、序盤に一科生と二科生との差別・対立が描かれます。

タイトルをテーマにした内容ともいえ、主人公の司馬達也も周囲からは二科生という事で白眼視されます。

しかし彼は得意とする分解と再生の魔法やCAD技術で周囲の評価を変えていきます。

また入学早々、政治結社ブランシュが襲撃して来たと時に活躍を見せました。

全国の魔法大学付属高校が魔法技術で競技を争う九校戦編では、深雪も生徒代表として出場する事になります。

達也は各選手のCADのエンジニアを担当するのですが、途中で一校の生徒に事故が多発する事に気づき、裏で賭博行為を牛耳っていた組織をせん滅します。

魔法科高校の劣等生はこの二人の兄妹を中心として、学校での仲間とのドタバタ劇や学外でのテロリストとの戦いなどを描く作品となっています。

達也と深雪には秘密があってこの世界の名門十師族の一つ四葉家に連なる家柄で、その物語も展開していきます。

劇場版魔法科高校の劣等生星を呼ぶ少女のマニアおすすめのグッズをまとめてみた。

ファン大望の「劇場版魔法科高校の劣等生星を呼ぶ少女」映画版では、アニメ完結後の世界を舞台にした新たな物語が展開されることもあり新キャラクターの登場が期待されています。

公開を目前に控え、劇場でしか購入できないグッズの情報が各雑誌で紹介されており魔法科高校の劣等生ファン歴9年のマニアがおすすめのグッズをご紹介していきます。

定価350円で販売される全20種類のクリアーファイルは、この商品の為だけのイラストに仕上がっています。

スクリーンでは見ることが出来ない達也と深雪のツーショットや海軍基地の幹部たちだけが描かれているものなどマニアなら全種類欲しい品です。

アニメ放送時も販売されていたトレーディングカードの劇場版も用意されていて、魔法科高校の制服ビジュアルが一新された「バーストパック」が定価580円になっています。

原画イラストを豊富に使用しているカードは本来の目的である対戦よりも、イラストのコレクションとしての価値が高くマニアとしては外せない逸品だと言えるでしょう。

前売り券を購入すれば、先着1万名に映画シーンの1コマをスライドにしているキーホルダーがプレゼントされているのでこちらもおすすめのグッズになっています。

スポンサードリンク