スポンサードリンク

鬼灯の冷徹に登場する妖怪の種類をまとめてみた。

鬼灯の冷徹には、閻魔大王の第一補佐官を務める鬼である主人公の鬼灯に代表されるように様々な妖怪が存在します。

鬼灯とよく一緒に登場するのが、地獄のチップとデールと呼ばれる唐瓜と茄子です。

唐瓜はしっかりものの小鬼で、身長は140cmと小柄ながら小鬼としては青年の位置付けとなっています。

スポンサードリンク

うっかりものの茄子をフォローすることが多い役回りです。

対して茄子は朧車の父と小鬼の母との間に生まれたハーフで、目は父親譲り、それ以外の髪の色や容姿は母親譲りとなっています。

唐瓜と同じく小柄ですが、100kgのバーベルを持ち上げる筋力やコンクールを受賞するほどの芸術の才能を持っているなど潜在能力の掴めないキャラクターです。

また、人面犬など日本でも有名な妖怪も登場します。

顔は美形ですが、本質は犬の本能が優先するため、そのギャップから敬遠される存在です。

鬼灯の冷徹では地獄だけでなく、桃源郷と言った場所も取り上げられています。

桃源郷に住む中国の神獣には白澤がいます。

主人公の鬼灯と顔つきや性格は似ていますが、本人たちは犬猿の仲。

お互い顔をあわせるたびに皮肉を言い合う間柄です。

他にも日本のおとぎ話に登場する桃太郎や、お馴染みのおつきの三匹も登場します。

鬼灯の冷徹のストーリーをまとめてみた。

鬼灯の冷徹(ほおずきのれいてつ)は江口夏実による漫画作品です。

「全国書店員が選んだおすすめコミック2012」では堂々の1位に輝きました。

閻魔大王の下で二代目の第一補佐官を務める有能かつ冷徹な主人公の鬼「鬼灯」が、戦後の人口爆発で大変なことになっている地獄を舞台に活躍するブラックコメディ作品です。

物語はいわゆる一話完結方式を採用しており、登場人物たちの関係に進展こそあるものの大きなメインストーリーといえるものは存在しません。

エピソードの種類は多種多様ですが基本的には日本仏教の世界観を基にした様々な地獄の紹介、妖怪や神様が抱く現代的なお悩み相談、現代社会の問題を地獄を舞台にしてアレンジしたあるあるネタなどのコメディが中心となっています。

物語が進んだことで近年ではサタンやベルゼブブ、リリスといった西洋の悪魔やアヌビス、オシリスといったエジプトの神々、ヘカトンケイル、ミノタウロスなどのギリシャ系の怪物も登場するなどカオス度は増しています。

ややクセのある絵柄ながら地獄の待遇に文句を言う獄卒たちの愚痴や需要の低下によって閉鎖が検討する地獄の事業整理会議の様子を読んでいるだけで、自然と日本の神話や宗教について詳しくなることができる雑学漫画としてもおすすめの作品です。

鬼灯の冷徹夢小説の人気度についてまとめてみた。

まず夢小説とは、コミックやアニメ、ゲームなどの二次創作作品で主にウェブ上で公開されています。

特定の登場キャラの名前を読者が自由に設定(変換)して読むことのできる小説です。

夢小説はドリーム小説・ドリー夢(ム)小説・ドリ小・名前変換小説と呼ばれる場合もあります。

夢小説は特に女性に人気が高いジャンルなので、夢小説の元ネタとなるコミックやアニメも女性人気の高い作品が多いです。

その中で、『鬼灯の冷徹』の人気度についてまとめて行きます。

鬼灯の冷徹は江口夏実先生原作のコミックで、2014年にアニメ化され、最新作は2018年4月よりアニメ放送されています。

日本の地獄の住人たちの日常を舞台としたブラックコメディ作品です。

主要キャラの鬼灯様は冷徹かつ非常に有能な補佐官の設定で、容姿端麗なので女性人気は特に高いです。

サブキャラの唐瓜と茄子は度々、鬼灯様に戒められているので、唐瓜や茄子を自分の名前に置換えて楽しむ女性ファンは数多いです。

鬼灯の冷徹はキャラクターの魅力のみならず、コメディ寄りの作品なので、入り口が広く幅広い女性層から人気を得ています。

どっぷりBLにつかるには、抵抗がある人からも鬼灯の冷徹の夢小説は支持を得ています。

スポンサードリンク