スポンサードリンク

高血圧とは・対策・原因について調べてみた。

高血圧になる原因は、心臓の収縮する力が強くなり脈拍が脈拍が高くなったりして心臓からたくさんの血液が送り出されれば血管には強い圧力がかかり血圧は高くなります。

また動脈硬化によって血管の壁が厚くなると血管が血流の強さに合して広がらないため血流に対する抵抗性が高くなり血圧が高くなります。

そしてこのような状況を改善するためには血圧が下がる薬を服用する方法がありますが、自分の力で改善する方法もあります。

スポンサードリンク

それは軽い運動やストレッチを行うことです。

具体的な例としてつま先立ちを行うと効果的です。

つま先で立つことでふくらはぎの筋肉を緊張します。

ふくらはぎは第二に心臓と言われ足に流れてきた血液を心臓に戻す働きをしています。

筋肉を緊張させることで血流をよくして高血圧にも効果的です。

高血圧の人の特徴は体が硬いことです。

体が硬い方は血管も硬くなり動脈硬化をまねき血行不良になってしまいます。

1日5分程度でも続ければ血圧は安定してきます。

高血圧の治療法・ 改善方法をまとめてみた。

高血圧はそのままにしておくと、心筋梗塞や脳梗塞、腎不全といった重篤な症状を引き起こすことがあるため適切に治療をする必要があります。

高血圧の治療法としては、まず、家庭においての生活改善が必要となります。

塩分は、1日6g未満にする、魚を積極的に接種する、ウォーキングなど有酸素運動を定期的に行う、喫煙はしない、といったことを意識します。

塩分に関しては、漬物や味噌汁に多く含まれているので、レモンなどの柑橘類や、だしをうまく利用し減塩に取り組むようにします。

このような生活習慣を3か月続けてみて改善されない場合、薬での治療を行っていきます。

薬は降圧薬と呼ばれるものでARBやACE阻害薬、カルシウム拮抗薬、利尿薬といったものがあります。

どのタイプのものを使用し、組み合わせていくかは、どのくらい血圧が上がっているか、リスクはどの程度かといったことを見極めて決めていきます。

また、薬の服用が苦手な場合はフランドルテープといった貼薬でも対処することができます。

高血圧の症状・チェック項目について調べてみた。

私たちの体内には血液が流れており、血液は心臓の収縮による圧力で体内を循環しています。

心臓の収縮により生まれる圧力が血圧であり、この時に血圧が高すぎると高血圧の状態となります。

一般的には心臓が収縮した際に生じる収縮時血圧(最も高い血圧)が140mmHg以上になると高血圧と診断され、経過観察や必要に応じた治療が必要とされます。

高血圧の状態が長期間継続すると、動脈が硬くもろくなり様々な疾患の原因になります。

脳の血管が破裂して出血を起こす脳出血や脳の血管が詰まって血液が流れなくなる脳梗塞、心臓に負担がかかって大きくなる心肥大や冠動脈が狭くなることで発生する心不全、心筋の壊死により発生する心筋梗塞などの原因となるのです。

さらに高血圧は腎臓にも影響を及ぼし、腎臓内の動脈硬化が進む腎硬化症や、腎機能そのものが低下する腎不全の原因となります。

また大動脈解離により、大動脈が避けてしまうリスクも高いといえるでしょう。

スポンサードリンク