スポンサードリンク

天ぷらのそれぞれの食材の正しい食べ方をまとめてみた。

家庭でも料亭でも天ぷらは良く食べられるメニューの一つです。

温かく食べることができ、様々な食材を揚げることができるので、季節を感じることのできる料理です。

天ぷらの代表的なものとして海老や魚類、野菜などがあります。

スポンサードリンク

天ぷらが出されたときはたいてい塩か天つゆが添えられており、お店によっては塩でと勧められることが多いです。

その際は塩でぜひ食べてみましょう。

塩を付ける方がより素材の味を知ることができます。

このとき、塩に食材を直接つけるのは控えます。

正しい食べ方は食材に必要な分だけの塩を指でつまみ、振りかける方法ですので、気を付けるようにします。

次に盛り合わせられている場合は盛り付けを崩さないようにするのがポイントです。

そもそも天ぷらは味が薄く淡泊なものが手前になっています。

徐々に味の濃いものへと変化していくので、手前に季節の野菜があれば野菜から食べるようにし、最後に海老などの魚介類を食べると崩さずにきれいに食べきることができます。

海老はしっぽが付いていることが多いですがその際はお箸で尾と身をわけて身だけを食すようにしましょう。

同様にしし唐の軸やピーマン、なすのヘタの部分も食べずにお皿の隅に置いておくとよいです。

高級料理亭で出す、天ぷらを家で再現できるか試してみた。

天ぷらは日本食を代表する食べ物であり、日本人にも外国人にも好まれています。

まるで高級料理亭で食べられるような天ぷらを、自宅でいつでも食べられるようになれば嬉しいものです。

料理亭ではプロが揚げているため、同じように揚げることは難しいと考えている人も多いかもしれませんが、コツさえ理解していれば近付けることは可能といえます。

まず重要なことは、事前に食材の水分をしっかりと切っておくことです。

食材に水分が残っていると衣が絡まらないだけではなく、衣に含まれているたんぱく質と水分が混ざることでグルテンという粘りのある成分が作られてしまいます。

面倒がらず、しっかりと処理をしておくことが大切です。

次に、衣を過剰に混ぜてしまうと粘りが出てしまうため、混ぜ過ぎないということも重要といえます。

そして、揚げる食材の順番にもコツがあります。

天ぷらで最も重要な点は油の温度であり、高温で短時間で揚げることでさくっとした食感を出すことが可能となります。

油の温度はどんどん下がっていくことを考慮して、より高温で揚げる必要のある魚介類から揚げ始め、根菜、葉野菜と続けると良いです。

プロの料理人がこだわっている点を家庭でも行うことで、高級料理亭の天ぷらを再現することも可能といえます。

山菜の天ぷらを作るとき、気を付けるポイントをまとめてみた。

山菜の時期になると様々な料理を作って楽しみます。

自らが収穫できる楽しみもあるため満足感を得ることができる食材でもあります。

この山菜は天ぷらにするとおいしく食べることができますが、気を付けるポイントがあります。

まず山菜はアクが強い点です。

天然のものであるので独特なえぐみもあり、下処理をしなくてはなりません。

たけのこやわらびであれば重曹で湯がくと良いでしょう。

ですが、山菜の独特な香りを楽しむためには衣を薄くつけるようにし、さっと短時間で揚げることが大切です。

なお、タラの芽の場合は洗わないで根元の茶色い部分を取り除き生のまま天ぷらにします。

緑色の部分が多い状態にして短時間で仕上げるようにしましょう。

こごみは丸くなっている部分をほぐし、流水で汚れを取り除きます。

丸くなっている部分をほぐしてもすぐに戻ることができるので心配せず汚れを落とすようにします。

ウドは生でスライスしてそのまま食べたり、さっとゆでて海老などと和えたりしましたが、実は天ぷらにも向いています。

ウドの場合は先の方を揚げます。

その時葉もそのまま揚げると彩が良くなります。

衣に関してはほかの天ぷらと一緒です。

粉っぽい感じがなくなるまでそっと混ぜて液にさっとくぐらせてから揚げてみます。

 

スポンサードリンク