スポンサードリンク

高次脳機能障害とはをわかりやすいまとめてみた。

高次脳機能障害とは脳が何らかの損傷を受けることにより起きる障害です。

事故などで頭部に外傷を負ったり、脳梗塞などの脳血管障害で脳が障害を負ったりする事により起こります。

高次脳機能障害の症状は様々で、個人差があります。

スポンサードリンク

最近の出来事を覚えていることが出来なくなる記憶障害や、集中力が欠ける注意障害、自分で考えて行動することが出来なくなる行動遂行障害などの症状があります。

高次脳機能障害は自分ではなかなか気づきにくい障害です。

自分が障害を負ったことが理解できずなかなか受容することが出来ません。

また、言動も幼くなり他人に頼りたがるようになるため、周囲からはただの我儘だと誤解をされてしまうことも珍しくありませんが、社会生活を送るのが困難になる方もいる障害の1つです。

高次脳機能障害はMRIやCTなどで病変を見つけ、症状などから診断をしてもらうことが出来ます。

高次脳機能障害が疑われる場合には専門機関を受診することが大切です。

高次脳機能障害になった人の障害者手帳と障害者年金がとれるのかどうかについてまとめてみた。

高次脳機能障害をかかえた場合は、障害者手帳の一種である精神障害者保健福祉手帳の交付を申請することができ、障害の程度に応じて1級から3級までの障害等級の認定を受けることができます。

もし、高次脳機能障害とともに身体の機能にも障害が出ている場合は身体障害者手帳の交付申請も可能です。

障害者手帳が届くと、税金や自治体の行政サービスなどにおいて優遇措置を受けることができます。

また、高次脳機能障害の人は障害年金の受給対象にもなり、障害等級に応じた金額を支給日に受け取ることができます。

障害年金を受けとるためには、最初に医師の診察を受けた日の時点で年齢が65歳未満の年金加入者で、初診日前日の時点で年金保険料の納付期間が本来納めるべき期間の3分の2以上に達していなければなりません。

ただし、納付期間の要件を満たしていなくても、初診日の属する月の前々月までの12ヶ月分の年金が納付されていれば障害年金を受け取る資格が得られます。

高次脳機能障害の症状についてまとめてみた。

高次脳機能障害にはいくつかの主要症状があります。

そのうちの1つが記憶障害です。

障害を負ってからの出来事が、覚えることが出来なくなります。

反対に症状が起きる前の記憶が損なわれることもあります。

軽度の場合には最近の出来事が曖昧になりますが、中度になると古い記憶だけは覚えているのに新しい事は思い出せなくなります。

重度の場合には全体的に記憶が損なわれてしまいます。

記憶が曖昧になってしまうため、自分で話を作り思い出を補完することがあります。

こうした作話は高次脳機能障害の特徴的な症状です。

高次脳機能障害では注意障害も現れます。

注意が散漫になったり、集中が続かなくなったりします。

また目的に合わせて順序立てて行動することが出来なくなる遂行機能障害や、気持ちを自分でコントロール出来ず対人関係を築けなくなる社会的行動障害なども起こります。

その他にも脳に損傷を負った部分の空間が把握出来なくなる半側空間無視といった症状が起こることもあります。

スポンサードリンク