スポンサードリンク

食器乾燥機のコンパクトで縦型の製品のおすすめを探してみた。

近ごろでは、家事をより楽にするためのさまざまな家電製品が開発されています。

その中でも特に大きな話題を呼んでいるのが、食器乾燥機です。

毎日使用するお皿やカップなどを短時間で綺麗に洗うことができる上、拭く手間も省くことにつながると喜ばれているのです。

スポンサードリンク

食器乾燥機を置くスペースがないと困っている家庭も多く、キッチンの広さに見合ったサイズのコンパクトな家電製品が絶対的な人気を集めているといえます。

従来は横に置くタイプの乾燥機がほとんどでしたが、最近ではより狭い場所にも設置できるように縦型タイプの食器乾燥機が増えています。

少ない時間であっという間に食後の洗い物が洗浄されて乾きますので、仕事や子育てが忙しい主婦にとっては頼りになるアイテムです。

手間をかけることなく家事の負担を和らげることに結びつくため、とにかく便利でありがたい味方として感謝されています。

このように、扱いやすい小さなサイズの食器乾燥機を上手に賢く活用することによって、主婦の家事の時間を減らして家族全員のコミュニケーションをより一層深めることにもつながるのです。

これからも、手軽に使えるお助けアイテムとして食器乾燥機は多くの家庭に浸透していきます。

食器乾燥機の大型・業務用のおすすめ商品を探してみた。

業務用や大型食器乾燥機というと家庭用とは別にそれに特化したメーカーが沢山あり、ここでは業務用・大型タイプのおすすめ商品をいくつか挙げていきます。

ただ、ほとんどの業務用が食洗機能が一緒になっている物ばかりなのでそちらも一緒にピックアップしてみます。

まずコンパクトで場所を取らない上に洗って乾かす速さが最速と言われるのがユーロキッチンの食洗機です。

こちらは業務用でありながら家庭でもちょっとした工事をすれば使えるという優れものです。

ただしお値段が幅47センチで60万円弱(諸経費含まず)という事と、対応エリアが東京都心から60キロ圏内なので地方の方には使いにくい商品となっています。

また、速い洗浄とコンパクトさでいうならばJCMの商品もおすすめです。

中でもJCMD-40U3は幅60センチ、ラック寸法50センチという使いやすいサイズで、洗浄時間はわずか60秒、そして4.75KWの消費電力という、エコと省スペースが同時にかなう優れものです。

他にも、国内企業が販売する食器乾燥機(食洗機能付き)としては、シェルパも人気があります。

特にDWE-806N(V)モデルは、上扉を開いて出し入れするタイプなのでとても楽ですし、蓋を閉めるだけで洗浄を開始しわずか53秒で洗い上げる高速モデルです。

食器乾燥機と洗浄機のどちらがいいのかを比べてみた。

家電では各メーカーで様々な機能を導入し、その利便性はどんどん高くなっています。

中でも食器乾燥機には多くのメリットが生まれていますよね。

食器洗浄機との違いや使いやすさについて解説します。

まず食器乾燥機とは、洗浄した食器やキッチン用品を内蔵されたヒーターによって乾かすための機器です。

中に入れるだけで勝手に乾かしてくれるので、時間短縮にも繋がって一石二鳥でしょう。

一方で食器洗浄機とは、その名前の通り食器を洗う電気機器です。

大きな野菜やソースを落として乗せていくだけなので、とても楽に洗い物が済みます。

どちらも洗い物には不可欠な作業なので、スイッチ一つで自動で行ってくれるのであれば簡単で嬉しいです。

しかし現在では、食器洗い乾燥機というさらに便利な製品があるのです。

機能性が高くなる分、値段は大きく跳ね上がりますが、どちらかの機能のみを購入するのであれば、一度で洗い物の工程を終わらせてくれるこちらの製品は魅力的ですよね。

さらに大きいサイズのタイプであれば、まな板やフライパンを洗う事も出来ます。

重くて手洗いするだけで疲れてしまうので、嬉しい事です。

それに普通に乾かしきるには時間や拭く手間も要しますから、別の事をしている間に終わってるなんて理想的でしょう。

スポンサードリンク