スポンサードリンク

食事アレルギーの有名な治療病院を調べてみた。

食事アレルギー治療を行う際には、専門外来に受診することが推奨されます。

専門外来とは、一般的な「かぜ」などでかかる診療科 (内科など) ではなく、ある特定の病気を治療するための医師が集まった科のことです。

これは、大規模な総合病院や大学附属病院などに設置されています。

スポンサードリンク

食事アレルギー治療に必要な検査の結果を正しく解釈した上で治療に活かすことができる医師が在籍していますので、安心して相談することができます。

このような専門外来を探すには、「アレルギー科」、「食事アレルギー治療」、「食物負荷試験」などのキーワードが役に立ちます。

インターネットで検索すると、病院のホームページが出てきます。

大きな病院でなくても、これらを掲げている医療機関やクリニックであれば、相談に乗ってもらうことができます。

首都圏や名古屋、大阪などに多い傾向がありますが、定期的な受診が必要なため、お住いの地域で受診に無理のない範囲で専門外来を見つけることが大切です。

アレルギー治療薬の市販薬と病院でもらえる薬の違いについてまとめてみた。

アレルギー治療薬を選ぶ際には、病院で処方してもらう場合と市販薬を選ぶ場合があります。

いずれの場合にもメリットとデメリットがあり、それぞれの状況を考えて選ぶべきです。

病院では、医師が患者さんの身体を診察したあと、その状態に効くしくみを持つアレルギー治療薬が選ばれます。

一般的に「病院の薬はよく効く」と言われますが、それは医師が正しく薬を選んでいるためです。

しかし、花粉症などのピーク時期には混雑することも多く、時間が無い方や急いでいる方には適しません。

市販薬は、ドラッグストアから自分でアレルギー治療薬を選ぶことになります。

どの薬を選べばよいかが分からない際には、常駐している専門家 (薬剤師や登録販売者) に相談することができます。

症状を正しく伝えることができれば、自分に合ったアレルギー治療薬を選ぶことができます。

病院と違って、待ち時間が短く、すぐ手に入ることがメリットです。

抗ヒスタミン剤と呼ばれるアレルギー治療薬は、様々な種類が出ています。

市販薬は、病院での使用実績が蓄積された後に流通するため、重篤な副作用が少ないのも特長です。

アレルギー治療の最新医学・治療方法についてまとめてみた。

アレルギー治療には様々な選択肢があります。

治療には対症療法 (起こった症状に対して薬を投与する) と原因療法 (原因そのものを取り去る) がありますが、
アレルギー治療においては、多くの場合、対症療法が行われています。

そのような中で、最新の治療法に「経口免疫療法」が仲間入りしようとしています。

アレルギーを起こす物質や食物を体内に少しずつ投与することによって、身体を「慣らす」治療法です。

身体が排除対象だと誤解しているものを、無害なものであると免疫に覚えさせるイメージです。

これまで、アレルギー物質を身体に入れることは、アナフィラキシーショック (アレルギーによる血圧の低下や呼吸停止) を
引き起こすため、危険であるとされていました。

アレルギーの原因が判明したら、絶対にその食品を食したり、触れたりしないようにしています。

経口免疫療法は、医師の診察や専門的検査のもとで、少量ずつアレルギー原因物質を摂取します。

これは自己判断で実施するのは危険ですので、必ず専門医のもとで実施される必要があります。

スポンサードリンク