スポンサードリンク

顔認証のiphoneやWindows10の認証失敗の時に慌てずに解除する方法とは?

iphoneやWindows10で顔認証に失敗したときには、ロックを解除することができません。

そうなると、携帯端末やPCなどのデバイスを利用することができなくなりますので何とか対策をする必要があります。

iphoneの場合には、まず設定したIDとパスコードをリセットして設定をし直す必要があります。

スポンサードリンク

設定からIDとパスコードを入力して認証システムに関する情報をリセットすればそれで解除されます。

その後に、再設定をして顔認証を再び読み込ませることができるようにすれば良いです。

Windows10の場合は、元々パソコン内部に存在しない顔認証をシステムを利用することになるため、利用するシステムによって対策は異なります。

ただ、Windows10の場合は外付けの顔認証リーダーを利用してシステムを設定することが普通なので、これへの対策をしておけば十分でしょう。

具体的には、失敗したときにPIN入力をおこなってサインインができる緊急対策がきちんと用意されています。

また、iphoneやWindows10どちらのデバイスにしても、肝心のシステムを提供しているOSに不備があればうまく機能しません。

そのため、OSのバージョンアップは忘れないようにすることです。

顔認証システムの現在まで確認されている有名な問題点とは?

特定の部屋への入室管理やスマートフォンのログインなどにおいて顔認証システムを用いる動きが広がっています。

このシステムを導入すると、セキュリティー面では従来の文字や数字をつかった認証や指紋認証システムなどと比較して格段に堅強になり、部屋に不法に侵入されたり、不正なログインが行われる可能性がより低くなりますが、その一方でさまざまな問題点も指摘されています。

顔認証システムにおいて特に知られている問題点の一つに、プライバシー侵害につながる点が挙げられます。

このシステムを利用すると、第三者が個人を特定した上で行動を把握することが容易になるためで、第三者が悪意を持って個人を特定した場合、犯罪につながるおそれがあります。

このため、顔認証システムを運用する人々には高い倫理観が求められます。

また、特定の条件下では認識に成功する確率が低くなるという技術上の問題もあります。

登録したときから髪型や表情が大きく異なる場合や帽子やサングラスなどで顔の一部が隠れている場合、暗い場所にいるときは顔を正しく認識しにくくなります。

顔認証システムは実用化されて日が浅い技術であり、顔認証を研究する機関ではさまざまな技術面の問題を改善する取り組みが今日も続いています。

顔認証による防犯システム開発がどこまで進んでいるのかをまとめてみた。

顔認証を利用した防犯システムで、有名なのが万引き防止システムとコンサートなどの不正チケット監視システムです。

まず、万引き防止システムですが、小売店にとって万引きは大きな利益損失になっています。

その万引きを『事前に防止』するのがこのシステムの特徴です。

万引きは同じ人間が何度も繰り返し行う常習性がある犯罪なので、過去に万引きを起こした人間の顔を登録しておくことで、再度来店した際に注意を促し、万引きを阻止する効果があります。

次にコンサートの不正チケット監視システムです。

最近ではチケットの不正入手で、購入した人間以外が来場することが問題となっています。

この不正チケット入場を防止する為に、チケット購入時に顔認証の登録を行い、本人かどうかの判別を行い不正を防止するのです。

更に最近では、一般家庭向きの顔認証システムも開発されています。

玄関などに設置しておくことで、知らない人間の来客を通知してくれたり、記録してくれることで防犯に繋がっています。

どのシステムにも共通して言えるのが、人と比べた場合の正確性です。

人が他人の顔を判断する際にはどうしても印象やイメージといった感覚の部分が作用してしまいますが、顔認証システムでは目や鼻のサイズや配置で判定しているので、変相などでごまかしづらい点が秀でています。

スポンサードリンク