顔の脂漏性湿疹 原因と治し方

脂漏性湿疹の原因としては、人間の身体が保有している常在菌の一種です。

皮脂の過剰分泌などにより、肌の状態が悪化することで肌のかぶれや湿疹などの症状を引き起こすため、

顔にできてしまうと周囲からも目立ってしまうためできるだけ早く症状を改善することが大切です。

スポンサードリンク

 

治し方としては、医療機関で適切な治療を行ってもらうといいでしょう。

基本的には抗真菌薬の処方により治療することになります。

ただし、症状が悪化している場合には、ステロイドやビタミン剤などさまざまな治療を行うこともあります。

 

自分で肌の状態をケアしていくために、皮脂の分泌量を抑えることで対策するというのも一つの手段です。

食生活では脂分を多く含む食事をある程度控えて栄養バランスのとれた食生活を心がけること、

生活リズムを整えてホルモンバランスの安定をはかることや紫外線対策をして肌にダメージを与えないことなど、

さまざまな対策をして肌の状態を改善していきましょう。

頭皮にできた脂漏性湿疹 薬の塗り方のコツは?

皮脂分泌の多い部分に発症しやすい疾患の脂漏性湿疹は、Malassezia fungiというカビの一種が、

過剰に分泌された皮脂を餌として増殖することが原因と考えられています。

正確に言うと、Malassezia fungiが皮脂の中の中性脂肪を分解することにより、

炎症の原因となる遊離脂肪酸が作り出されてしまうことが根本的な原因です。

 

なお、脂漏性湿疹が頭皮に出来やすいのは、この部分は毛穴が集中しているために、皮脂の分泌量が他よりも多いということが関係しています。

また、髪の毛が生えているので皮脂や汚れが溜まりやすく不衛生になりやすいというのもポイントで、

悪化しやすいというのもこの部分に出来た場合の特徴となっています。

 

ちなみに、脂漏性湿疹の基本的な治療法は、Malassezia fungiの繁殖を抑えながら皮膚炎の炎症も抑制するというアプローチとなります。

具体的には、外用薬を塗るという方法になりますが、その場合の塗り方のコツとしては、髪の毛につかないように根元につけるというやり方となります。

赤ちゃんの頭皮にできた脂漏性湿疹にステロイドを使っても大丈夫?

赤ちゃんの皮膚は非常にデリケート、更に様々な機能が未発達であるため、

気を付けていないと様々なトラブルに見舞われてしまうことも少なくありません。

そうしたトラブルのひとつとして挙げられるのが脂漏性湿疹です。

脂漏性と言う文字通り、特に皮脂の分泌が多くなりやすい髪の生え際や頭皮などに、黄色の湿疹ができるのがこの症状の特徴です。

大人であれば、脂漏性湿疹が見られた場合は、ある程度、自分で対処することも可能です。

しかし先にも述べたとおり、赤ちゃんの肌はデリケートですから、安易に自己対処してしまうのではなく病院にかかった方が安心です。

 

ステロイドの使用に関してですが、これも医師の指示のもとで許可されたのであれば特に問題はないと判断できます。

特に痒みのあまりかきむしってしまうような赤ちゃんに対しては、適度にステロイドを利用することは、その予防にもつながります。

しかし自己判断でステロイドを利用するのは、避けた方が無難です。

ステロイドは作用が強いため、刺激になる、あるいはそれが必要でないような状態なのに利用することで、

それがクセなり使用を止めると症状が悪化してしまう恐れもあるためです。

スポンサードリンク