捨てるなんてもったいない!靴の空き箱が収納スペースに!

靴を購入する際に付いてくる箱は、最初は新品の靴が入っていたものとして、大切に保管することが多いですが、それが溜まってくると、もはや不要な空き箱としての価値しかないものとして捨てる人が多いです。しかし、大きすぎず小さすぎない靴の空き箱をリメイクすることにより、収納スペースとして生まれ変わらせることができます。

 

たとえば、箱の表に靴の写真を張り付けて重ねておくことで、簡易的で分かりやすい靴箱を作ることができます。耐久力もあるため、無理に家具屋から購入するより経済的です。

スポンサードリンク

 

また、空き箱を切るなどの工作を施すことで、様々なものの収納スペースにすることができます。普段よく使うのに見つかりにくいリモコンやスマホの充電器を収納したり、あるいは子供のおもちゃ箱に変身させることも可能です。

 

空き箱自体が開閉しやすいように作られているので、そのまま収納ボックスとして使うことも良いでしょう。簡単に捨てるよりは環境にも優しいです。

こんな使い方があったとは!靴の空き箱のリメイク術を大公開

靴の空き箱は、利用した後はいらなくなることがほとんどでしょう。しかし、丈夫な厚紙を使い、作りのしっかりした箱をそのまま処分するのはもったいないです。リメイクして使うといいでしょう。

 

大きさが合う物を保管するのに使うのもいいのですが、大胆に変えるなら、思い切って形や外装を変化させるのもおすすめです。紙用の接着剤とはさみを使ってラッピングペーパーや、英字新聞などを貼ると、雰囲気が変わります。

 

書籍類やCDを入れるのに丁度良い大きさですが、中にトイレットペーパーの芯を入れて、ペンやはさみ等の文房具も縦置きできるため、出し入れしやすくなるでしょう。

 

その他、ケーブルやコード類などを束ねて立てておけますし、化粧品なども整理整頓して置くことができます。

 

ふたをリメイクして使いたい場合は、シール状のリメイクシートを貼って、フックを付けて画鋲を付けて吊せば、キーホルダーをかけたり、アクセサリーをつるして置けます。また、気に入った布を表面に貼って、壁に取り付ければインテリアファブリックとして模様替えができるでしょう。

迷ったらコレを見て!靴の空き箱の簡単な捨て方

靴を購入する際に貰う箱は、気付けば空き箱として大量に溜まっているという場合が多いです。

 

特にファッションが趣味な人や、靴が好きな人にとっては箱も大切だと思ったり、あるいは捨てるのが勿体ないと考えたりすることがありますが、その場合もしばらく経つと不要なものと気づきます。このように、靴の空き箱は大量に溜まるものなので、気付いたらその都度捨てていくことが大切です。

 

靴の箱は畳みやすいように作られているものが多いので、通常は畳んでリサイクルに出すか、燃えないごみと一緒に持っていってもらいましょう。

 

他の捨て方としては、空き箱の空間を利用して、別のごみを出来るだけ詰めて一緒に捨てるという方法もあります。もちろん、そこに入れるのは同じ燃えるごみのみですが、意外と多く入れることができるので、たとえば臭いのするごみや、プライバシーに関わるごみなどは、空き箱に入れて捨てるようにすると良いでしょう。もちろん、リサイクルすることも大切です。

スポンサードリンク