夫婦喧嘩して気まずいなら手紙やラインで仲直りのきっかけをつくろう!

夫婦喧嘩をするとなかなか仲直りができないというご夫婦は多くいます。

喧嘩しても一緒に住んでると顔を合わせる機会が多く、お互い意地の張り合いをしていて気まずい、仲直りをしたいのに素直になれないという方が多くいます。

そんな方におすすめの仲直りの方法が手紙やラインです。

スポンサードリンク

長年連れ添っていてお互いスマホを持っていないなら、手紙がおすすめです。

手紙なら面と向かって言う必要がないので冷静に反省した気持ちを書くことができます。

また、ラインも同様です。

相手が目の前にいないからこそ冷静になって話すことができます。

しかし、これはあくまできっかけ作りです。

きちんと謝る時はやはり顔と顔を合わせて言わなければいけません。

ただ、手紙やラインを交わすことでワンクッション置くことができるので、素直に謝りやすくなります。

夫婦喧嘩をしていて素直に謝れずに悩んでいるという方には、手紙やラインなどワンクッション置いてからきちんと謝ることをおすすめします。

夫婦喧嘩して妻に無視されるのに疲れた時の解決法

夫婦喧嘩は仲良しのカップルでも時々起きてしまうものです。

むしろ2人の距離が近い程、実は夫婦喧嘩の機会も増えます。

夫として辛いのは妻に無視される事です。

口論が苦手な女性や本当に自分が怒っている事をアピールしたい女性などは、男性の問いかけに対して無視をするという対抗処置を取ります。

ちょっと大人げない対抗処置かもしれませんが、夫へのダメージは大きいです。

 

いくら問いかけても妻に無視されるようであれば、思い切った解決法を実践してみましょう。

特に長時間妻に無視される事は疲れた状態になります。

対抗処置への対抗処置ですが、多少荒療治になりますが、自分もまた妻の存在を徹底的に無視してみましょう。

目には目を歯には歯を、というわけです。

若干大人げない方法ではありますが、相手もまた同じ手を使っているわけです、特に気にする必要はありません。

元々女性の方がお喋りをしたい、夫に自分の気持ちを知ってもらいたいという思いが強いため、夫がスルースキルを発揮させれば、逆に妻の方が根負けします。

後悔しても遅い!新婚なのに夫婦喧嘩で離婚危機!?

新婚で行きなり夫婦喧嘩すると一生後悔する可能性があります。

互いに望んで式を済ませたあとに、ささない事が引き金で喧嘩すると、離婚危機に陥るでしょう。

新婚の状態でこれから期待している時に、そこにひびを入れてしまうと反動が大きく出てしまいます。

未来に対して描いている生活のイメージを、遮るストレスや怒りは破局の原因になるのが問題点です。

また、相手としては新婚中は優越感や幸福感を得ているのが嬉しい筈ですから、当然にイメージや喜びにひびを入れる様な行動をされるとは想像もしていません。

 

そのような状況の時に攻撃したり、夫婦喧嘩すれば『これから先が不安』と思われてしまい、そうそうに離婚話しを切り出される可能性も否定できません。

言ってしまうなら新婚は喧嘩をしてはいけないです。

一生後悔する羽目になるか、離婚危機に晒されるため、互いに妥協しながら、悪い結果にしないように注意する必要性があります。

夫婦喧嘩でも年月が経った後の争いとは違います。

スポンサードリンク