スポンサードリンク

適応障害の症状と、チェック項目とは?

適応障害の症状には、抑うつ気分や不安、衝動的な行動や身体症状などがあげられます。

これらは、環境に適応できないストレスによって、適応障害の症状が現れると考えられています。

また、自身の症状が適応障害であるかを判断することは難しいものですから、いくつかのチェック項目をあげてみます。

スポンサードリンク

たとえば、憂鬱な気分が続いたり、不安な気持ちになること、食欲が低下したり、暴飲暴食をして攻撃的になることなどの項目に該当する場合や、肩こりや頭痛がひどく続いたり、動悸や息切れにめまいなどの身体的不調がある場合、これらの症状が現れる原因が自身でわかるような時には、専門医の診療を受けられるのがいいでしょう。

適応障害は、環境に適応できないことから、辛く苦しく感じられてストレスとなって、憂鬱な気分や不安な気持ちが出てきたり、衝動的な行動や身体的症状などが現れるといいますから、専門医のところへ足を運ばれて、相談されてはいかがでしょう。

適応障害と発達障害の違いについて調べてみた。

適応障害と発達障害は時々混同されています。

両方ともライフスタイルに大きな影響を与える点では共通しています。しかし基本的には別物です。

まず適応障害ですが、具体的なストレス要因が存在しており、その悪影響から個人の仕事や生活に著しい不快感やハンディキャップが現れている症状を指します。

過去に大きな人間関係のトラブルやハラスメント、災害や事故によるトラウマを経験した人々がなる心の病気です。

適応障害の影響から物に八つ当たりをする人、昼夜逆転の暮らしになってしまった方、暴飲暴食や危険運転に走る人々もいます。

一方で発達障害ですが、こちらは厳密な意味では心の病ではありません。

日本国内では心療内科がそのカウンセリングをするため、精神障害の一種だと考えられていますが、実は先天性の脳機能障害です。

ストレスによって「発病」するものではなく、生まれつきのハンディキャップです。

発達障害の人々もまた適応障害の人々に似た表面的な症状を出すことがあり、世間の人々からすると同じように見えてしまいます。

適応障害の症状で、子供と大人の違いについてまとめてみた。

適応障害は大人にも子供にも起こります。

大人の場合には職場や結婚など変わった環境に馴染めないストレスから起きることが多く、ストレスを感じ始めてから3か月以内に症状が現れます。

不安や抑うつなど気分が暗くなったり、不眠や倦怠感、食欲不振など身体的な症状が現れたりします。

大人の場合、ギャンブル中毒や過度の飲酒など問題行動を起こす危険性もあります。

ストレスを感じている環境にいる時には様々な症状が起きますが、その環境から離れると元気になります。

そのため嘘をついていると誤解を受けることもあります。

子供の適応障害も環境の変化により起こります。

学校や習い事などがきっかけで起こることが多いのです。

子供の場合には退行症状が現れることがあります。

指しゃぶりや夜尿症など赤ちゃん返りのような行動が現れます。

赤ちゃん言葉を使って甘えることもあります。

子供の適応障害は不登校や遅刻、欠席など周囲から見て分かりやすい行動を取ることが多いので早めに気付くことが大切です。

 

スポンサードリンク