うつやストレスによる過眠症を改善しよう

うつやストレスになると、活動に対する意欲が大幅に低下して、過眠症の状態になることがあります。

外で活動することが少なくなるため、太陽光を浴びることがなくなり、体内時計が麻痺しやすくなるなどの問題も発生する症状です。

昼と夜が逆転したような生活環境になるため、健康への影響も大きくなるわけですが、対処する方法がないわけではありません。

スポンサードリンク

 

過眠症を改善するために大切なのは、ストレスを発散させることです。

気の乱れを発散させて、常に平常心を保つようにするために、ヨガや瞑想を行うこともおすすめです。

あるいは、禅宗の寺で座禅を体験しながら、精進料理を食べるなどして過ごすことも有益です。

悪循環を断ち切るために、生活環境を大胆に変えることは大切です。

 

自分だけの努力で改善できない場合には、医療機関で治療を受けることがあります。

睡眠障害に有効な治療を行いながら、食事療法も取り入れることで、肉体と精神が充実した状態になります。

過眠症の治療は何科?治療法はあるの?

過眠症とは「日中も必要以上に寝てしまう」症状を持った病です。

治療する場合は、何が原因か探る必要性があります。

理由は様々ですが、不眠症のように夜は眠れないから、日中に30分から1時間は眠ってしまうような病ではありません。

夜も日中も眠ってしまうのが過眠症の特徴です。

また、睡眠薬を日頃から服用して、朝起きて倦怠感や眠気が生じてしまう場合は当てはまります。

副作用が別の病を誘発させることは少なくありません。

 

何科に行くか、ですが睡眠薬を飲んでいて過眠症が成立しているなら、かかりつけ医のところに行くべきです。

担当したドクターの所に行き、事情は説明する必要性があります。

治療法は睡眠薬の副作用や服用している薬をどうするか、対処するやり方です。

 

睡眠薬関係無しに日中も寝てしまう人は鬱の可能性はあるでしょう。

鬱は脳内からノルアドレナリンやセロトニンなどがたくさん放出されますから、不安を伴いながら寝てしまうことは多いです。

心療内科に行く必要性があります。

病院で過眠症の薬をもらったけど副作用はあるの?

夜間に十分な時間の睡眠を取っているにも関わらず、活動中に耐えられないほどの強い眠気に襲われてしまう過眠症は程度により大きな事故や怪我に繋がる恐れがあるので、しっかりと対策をとりましょう。

ベストな方法はやはり病院を受診して適した薬を処方してもらう事ですが、継続して服用するとなると薬につき物の副作用が気になるところです。

 

そこで過眠症の方が一般的に多く処方されるモダフィニルという成分を主とした薬剤の副作用について、注目してみましょう。

まずはこちらの薬の特徴を分かりやすく説明すると、眠ってしまうのを防ぐために神経に刺激を加えることで、脳を興奮状態にして起きている状態を保たせています。

依存性があることに加えて、人によっては吐き気や頭痛、胃腸障害など体に不調を与えてしまう副作用が報告されているので、服用する際は体調に変化がないか注意が必要です。

もしもこうした副作用を感じた場合は服用を中止し、かかりつけの医師の指示に従わなくてはなりません。

スポンサードリンク