スポンサードリンク

進撃の巨人の漫画版とアニメ版との違いは?

進撃の巨人といえば今や映画化もされた大ヒット漫画ですが、漫画がヒットした後には、アニメ化もされています。

そこで、今回は漫画版とアニメ版の違いに着目し、進撃の巨人をみていきたいと思います。

漫画のアニメ化というとクオリティーの面で最初からのファンががっかりしてしまうケースは、よくあることなのかもしれませんが、進撃の巨人に関しては、声優さんの起用も成功していると感じます。

スポンサードリンク

アニメという手段で進撃の巨人の世界観を表現するのは難しい面もあったかと思いますが、見事な映像として作品化しています。

進撃の巨人は、漫画版でも十分に迫力が伝わってきたのですが、アニメ化をすることで立体装置の動きの迫力は増しているとの評価も高いです。

結果的に、巨人との戦闘シーンはアニメ版のほうがより際立っているのではないでしょうか。

ただし、それぞれの登場人物の内面の表現に関しては、漫画版のほうが分があるように思います。

ここは、やはり原作の強みなのかもしれませんが、作者のメッセージ性がダイレクトに表現されているのも漫画版のようです。

先程、戦闘シーンはアニメ版の方が迫力があることはお伝えしたとおりですが、人間が巨人に食べられる描写に関しては、より生々しいのは漫画版です。

進撃の巨人に出てくる、巨人たちの種類についてまとめてみた。

テレビアニメや雑誌、映画などで人気を博している漫画に、進撃の巨人があります。

登場してくるのは九つの種類の巨人です。

ストーリーの設定では、九つのそれぞれの巨人の力を受け継いだ人物は、みずからの身体を傷つけることによって九つの巨人になることが可能になるとされています。

まず始祖の巨人は九つの種類の中でも最高位の存在であって、元締めの立場になっています。

そして漫画のタイトルにもなってる進撃の巨人です。いつの時代も自由のために戦ったと言われているのです。

鎧の巨人は全身を硬質化することのできる能力を持っています。女型の巨人は、唯一の女性型です。

硬質化の能力を持ち合わせており、特に自分の体の一部を硬質化することによって攻撃の際の武器に使用しているのです。

ほかにも、座標に似た叫び声を発し、巨人たちに自身を捕食させるという能力も具備しています。

獣の巨人は、文字どおり猿のような姿をしていて、全身が毛むくじゃらになっております。

超大型巨人は50m以上の全長に恵まれています。

車力の巨人は四足歩行巨人とも呼ばれいて、まさしく四足歩行での迅速な行動がアピールポイントとなっております。

顎の巨人は長い腕と顎が特徴的となっています。

鮮やかなまでのスピーディーな動きと、レールまでをも持ち上げて破壊できるパワーに恵まれております。

なお九番目の巨人の正体は不明です。

進撃の巨人の第1期OPがなぜここまで人気なのか調べてみた。

進撃の巨人の第1期OPがなぜここまで人気なのか調べてみると、スピード感のあるテンポの良さが際立つという事があると考えられます。

進撃の巨人では巨人の迫力ある映像と、これに立ち向かう戦士がスピードで対抗かる映像が人気です。

つまり、パワーの巨人に対して、スピードの人間という分かりやすい対立構造があって、これを上手く音楽で表現できているというわけです。

しかもアニメというスピード感を出すにはもってこいの環境鍵ありますから、映像と音声とで両方から大きな刺激となって体に入ってくるという事があります。

映像だけでも音声だけでも大きな刺激となるものが、双方がマッチしていることで、より鮮明に頭の中に残るというわけです。

古い言い方になりますが、軍歌のようなイメージを持つと良いかもしれません。

歌という分かりやすい状態にして頭の中に記憶されるようになっている上に、映像はこれ以上ないというぐらいの高度な技術が使われた鮮明な映像とセットで大きな刺激となって頭の中に記憶されていきます。

そして、カラオケという自分が主体となってその記憶を呼び覚ますことが出来る場所があるという事も人気となった理由の一つと考えても良いかもしれません。

自分が歌いたい為に覚える、人から聞いて覚えるなどさまざまな事がここからも刺激となって自分の脳に入ってくる事になっています。

スポンサードリンク