近畿の紅葉ランキング2017年度版についてまとめてみた。

近畿の紅葉が楽しめる場所は多くあるので、ランキングを参考にして訪れる場所を決めたいという人も多いのではないでしょうか。

近畿の紅葉ランキング2017年度版についてまとめてみると、京都府の嵐山や滋賀県の比叡山などの定番スポットが上位に入っている他、滋賀県高島市にあるメタセコイア並木も高い人気となっています。

紅葉と言えばモミジやイチョウというイメージが強い中、一味違う紅葉スポットに行きたい人はメタセコイア並木に行ってみると良いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

近畿の紅葉ランキング2017年度版を見ると、やはりお寺で紅葉を楽しめるスポットは上位に入っています。

例えば滋賀県長浜市の鶏足寺(旧飯福寺)や、京都府左京区の永観堂 禅林寺、京都市の東福寺などは毎年訪れる人が多く、モミジと歴史ある建造物が調和した絶景が楽しめるため、是非訪れてみてはいかがでしょうか。

また、近畿の紅葉ランキング2017年度版には、清水寺のようにライトアップを行っているスポットも多く入っています。

夜に見る紅葉も格別ですから、是非デートなどで行ってみると良いでしょう。

近畿の紅葉スポットのオススメランキング。

近畿の紅葉スポットのランキングで上位にランクインしているスポットに、大阪府の箕面の紅葉が挙げられます。

箕面は大阪府の北部にあり、都会の喧騒から離れた関西の高級住宅街として有名です。箕面の山間部は紅葉が美しいことで知られており、箕面大滝の紅葉の美しさは圧巻です。

箕面大滝までは駅から山道を歩いて行くことになりますが、駅を下車した時から紅葉を楽しむことができます。

山道には土産物店が軒を連ねており、名物のもみじの天ぷらなどが販売されています。

もみじの天ぷらは文字通りもみじを天ぷらにしたもので、甘くて美味しいと評判です。

箕面大滝は日本の滝百選にも選ばれており、落差は33メートルもあります。

滝の周囲はもみじが真っ赤に色づいており、滝と紅葉の美しいコラボレーションを楽しめます。

滝と紅葉をバックに写真撮影をする人も多く、とても美しい写真を撮ることができます。

紅葉の見頃は11月中旬から12月上旬にかけてであり、毎年11月1日から11月30日まではもみじまつりが開催されます。

近畿の紅葉前線の平均についてまとめてみた。

紅葉が見ごろとなる期間は非常に短いですが、やはり紅葉の観光を楽しむならば見ごろの時期に行くべきです。

近畿の紅葉観光を検討されている方のために近畿圏での紅葉情報について紹介していきます。

近畿圏の紅葉の特徴として、他の地域と比較して見ごろとなる時期が遅めであることが挙げられます。

10月から見ごろとなる地域も多いですが、近畿での紅葉の見ごろはほとんどが11月に差し掛かってからです。

全国的に見て近畿圏の気温は高めであることが影響しているためです。

紅葉の見納めとしては他の都道府県と比べても変化がなくどんなに長くても11月下旬までとなります。

当然10月中から見ごろとなる紅葉地域も存在するため詳しいことは事前に情報収集しておくことが大切です。

近畿の紅葉観光スポットは全国的に見て比較的少なめですが、紅葉観光される方は事前に訪れる地域の紅葉が見ごろとなる時期を調べておいて、素敵な紅葉観光を楽しんでみてください。

スポンサードリンク