いいお部屋に住むために!賃貸物件の探し方と探し始める時期について

いいお部屋に住むためには詮索能力とタイミング、情報収集と整理、運が問われます。

賃貸物件にもピンキリがあり、条件が良いと家賃は非常に高くなりがちですから、注意すべきです。

しかし、運が良ければ家賃は平均的で立地条件や室内が良い物件を借りることができます。

 

探し方はインターネットを使いましょう。

現代は機械化していますから、携帯電話やインターネットを上手く利用する必要があります。

不動産サイトや賃貸に関与するサイトにアクセスにして、情報収集したり、担当者に強力を要求すると、理想的な場所が見つかるでしょう。

直接、不動産屋に足を運び、話を聞くと何かしらの発見やひらめきが出てくる可能性があります。

自力であれこれ探すより、プロから無料で話を聞いてから検討すべきです。

 

ちなみにいい部屋を探す、借りるタイミングは1・2・3月以外が良いでしょう。

早くても11月頃には探したいといえます。

何故、1~3月あたりの時期が良くないかと言うと、学生や社会人が部屋を探して借りたがるからです。

賃貸マンションの審査は年収で決まる?どれくらい時間がかかるの?

お引っ越ししたいと思い不動産やさんで気に入った賃貸マンションの物件を見つけた場合、内覧をしてから申込みとなります。

ですが、空室だからと言ってすぐに契約可能かというとそうではなく、たとえ賃貸だとしても意外と審査は厳しく、場合によっては入居不可とお返事が来ることもあります。

 

賃貸物件の審査ポイントはいくつかあります。

まずは年収に対して無理な賃料ではないか目安として年収を36で割った数字以下の賃料であれば良いでしょう。

そして、過去や現在の借入状況と滞納歴などは見られます。

滞納者は調べればわかるので審査は厳しくなります。

あとは大家さんはあくまでも個人なので、見た目や勤務先などどのような人物であるかは担当者から大家さんへ伝える事となりますので、ここに住みたい理由がはっきりしている場合は伝えておくと考慮してもらえる場合もあります。

 

保証人が必要な時に関しては親族を書くのが一番審査が通りやすいでしょう。

これら全ての要件について審査を行うため入居が可能か明らかになるには多少の時間がかかります。

大家さんの都合もあるので早ければ数日、1週間程かかる場合もあるので物件探しには余裕をもって臨むと良いでしょう。

賃貸マンションを退去する際の費用相場

賃貸マンションを退去する際には原状回復のための費用を請求されることがあります。

これまでの生活のなかで通常の使用方法以外で部屋を傷つけてしまった場合には借主の負担となってしまうのです。

また長く住む続けていると修繕しなければならない箇所はどうしても多くなってしまいます。

 

一般的に退去費用は故意過失分+ハウスクリーニング分で計算されることが多く、賃貸マンションを退去する際の相場としては間取りの大きさや地域によって異なりますが平均するとおよそ5~10万円といったところが多くなっています。

もちろんフローリングの損傷具合が広かったり、扉や備え付けの家具家電類の破損が大きかったりするとさらに金額は増えていくことになります。

 

賃貸マンション入居時にあらかじめ敷金を納めている場合には退去費用から敷金が引かれた金額を請求されることになります。

いずれにせよ退去時は管理会社などからしっかりと費用についての明細書を提示してもらうようにしましょう。