スポンサードリンク

買い物の節約をできるアプリをまとめてみた。

買い物の節約ができるアプリとしてまず挙げられるのが、Kargoです。

kargoは、買い物リストアプリで、買うべきものが明確なので無駄遣いや衝動買いを防ぐことが出来ます。

買う商品はお気に入りに登録出来るので、買い物のたびに新たにリストを作る手間が省けます。

スポンサードリンク

さらに商品ごとにメモ機能が付いており、特売価格のメモをすることができます。

シンプルで使いやすいので、節約アプリを初めて使う方におすすめです。

続いて節約におすすめのアプリが、購入したものを手入力やバーコードで登録することができる、所有品管理ものランドです。

安価で買った商品も賞味期限が切れてしまい捨ててしまったのでは節約になりません。

「所有品管理ものランド」というアプリは、賞味期限や保管場所を登録出来るので、買った食材を忘れることなく、食材を腐らせることがありません。

こうした機能を上手に活用していけば、食べ物を無駄にせず、節約にも繋がるのでおすすめです。

クレジットカードの出費を節約しながら管理もできるアプリをまとめてみた。

クレジットカードを使う際に節約しながら使いたいのであれば、個々のクレジットカード会社から開発されているアプリを使うと便利です。

アプリを起動するだけですぐに管理画面に繋げられて利用残高や月別の利用明細が調べられますし、利用可能額もその場で調べられますのでどのくらい使えるかが分かります。

使いすぎを防ぐことができるので、節約もしやすいでしょう。

複数のクレジットカードをまとめて管理したい場合は、クレジットカード管理や家計簿機能を備えたアプリを使うといいでしょう。

1つのパスワードを入力するだけで、全てのカード情報の管理ができます。

各クレジットカード会社のアプリと同様に残高や利用可能額を確認できますし、支出をグラフ化できるので、一目で内訳が分かり無駄な出費を減らせます。

アプリによっては利用に応じてポイントが貯められる物もあり、加盟店のポイントや電子ギフト等と交換して更にお得にできることもあります。

クレジットカードのデータをインターネット上から取り込みますが、暗号化通信が可能になる物が多いです。

情報が外部に漏れないよう配慮されているので、安全に使えるでしょう。

お金を節約しながら家庭帳簿もつけれるアプリをまとめてみた。

節約の手助けをしてくれるアプリはいくつかありますが、その中でも代表的なものは「2秒家計簿おカネレコ」「らくな家計簿」「Zaim」などが代表的でしょう。

特に、支出の記録までたった2秒でできてしまう2秒家計簿おカネレコは非常に評価が高くダウンロード数も非常に多いです。

何といっても支出入力の簡単さが売りであり、起動後すぐに支出入力画面が表示されます。

そこへ食費や公共料金など項目を選び金額を入力するだけで完了です。

さらにレシートを撮影することで、その情報を読み込む機能も付いており、簡単に自動記録も可能です。

また項目のカスタマイズも容易であり自分のライフスタイルに合わせて設定できます。

毎月の収支記録の表示もわかりやすくグラフ化され、しかもリアルタイムにて表示されます。

そのため、固定出費の支出状況も簡単に確認できるのもポイントが高いです。

もちろん他のアプリも便利なものが多いので、自分に合ったアプリを探してみましょう。

スポンサードリンク