スポンサードリンク

西野カナの一番ヒット曲は何か調べてみた。

西野カナの曲は女子に絶大な支持を集めているものが多くカリスマ的な人気がある歌手です。

ヒット曲にはトリセツ、Darling、会いたくて会いたくてなどが多数ありますが、一番ヒットした曲はシングル売上ランキングでも1位の「君って」です。

2010年に発売されてドラマの挿入歌にもなっています。

スポンサードリンク

感情をテーマにした「君って」は、西野カナの持ち味でもあるミドル・チューンとは違った優しいメロディで、クリアな声とマッチして心温まるバラードです。

一番のヒット曲とカラオケで人気の西野カナの曲は異なっており、カラオケで人気で1位は「トリセツ」で2位は「会いたくて会いたくて」、3位は「Darling」です。

一番のヒット曲よりもカラオケで人気の曲の方が馴染みがあると感じる人もいるほど、歌番組などでは良く耳にする曲です。

トリセツは、リリースした年に日本レコード大賞の作品賞を受賞して、西野カナの代表曲と言えるもので、西野カナと言えばこの曲と言えるほどです。

乙女心を取扱説明書になぞって描いた曲は多くの女子から支持を受けていて、老若男女問わず誰でも一度は聞いたことがある曲です。恋人だけではなく友達と一緒に歌っても盛り上がることができる恋愛ソングです。

西野カナのドラマの主題歌の中でヒットしている曲をまとめてみた。

西野カナさんは三重県出身の歌手で、NHK紅白歌合戦に8回出場している人気歌手です。

デビュー作から作詞を自ら手掛けており、実体験に基づいたラブソングは特に若い女性から絶大な支持を得ています。

西野カナさんの楽曲には映画やドラマ、CMなどのタイアップ作品が多くあります。

中でも人気なのが、嵐の二宮和也さんが主演を務めたドラマ『フリーター、家を買う。』の挿入歌にもなった『君って』です。

このドラマは有川浩さん原作の同名小説を実写化したもので、大学卒業後フリーターとして生きてきた主人公が母親のうつ病をきっかけに成長していく姿を描いたホームドラマです。

家族としてのあり方や生き方を描いたドラマの内容と、西野カナさんの書いた暖かみのある歌詞が相まって大ヒットしました。

この楽曲は、日本レコード協会により着うたフルなどの配信合算でのミリオン認定が発表されました。

さらに、新垣結衣さん主演のドラマ『掟上今日子の備忘録』の主題歌となった『NO.1』もヒットしました。

この曲はシングルとして発売されたものではなく西野カナさんのベスト『Secret Collection ?GREEN?』に収録されています。

この『NO.1』はシングルカットとしてプラチナ認定されるなどヒットした曲です。

西野カナのMステなどのTVで歌う名曲をマニアの人に聞いてみた。

西野カナさんという歌手は、Mステなどのテレビ番組で頻繁に歌っています。

西野カナさんのファンであるマニアの人に聞いてみたところ、もしも運命の人がいるのなら、という名曲に関する意見を確認できます。

特に多い意見は、素敵な曲で最高、という内容になっています。

西野カナさんを支持するマニアの人の間では、歌詞も曲調も素晴らしい、という感想が多くなっている現象が巻き起こっていると理解して良いでしょう。

この曲を聴く人は快適な気持ちになるのではないか、という論評もあります。

もしも運命の人がいるのなら、という名曲の歌詞を読むと、女性が男性に求める理想像のようなものを知ることができるうえに、女性の正直な心象も感じられます。

女性のわがままな部分も吐露しており、その点も含めて運命の男性に受け止めて欲しい、といったような気持ちを把握できる内容の歌詞であると捉えられます。

恋愛に疲れ、恋愛を忘れかけているときに、運命の人に出会ってしまうような人生の偶然性にフォーカスしている箇所もあります。

とにかく西野カナさんの、もしも運命の人がいるのなら、という名曲については、女性が聴いても男性が聴いても胸がキュンとしてしまう要素があると言っても過言ではないでしょう。

スポンサードリンク