スポンサードリンク

藤井聡太の史上初の15歳で7段になったが初心者にこの凄さをどのようにすごいのか簡単に説明してみた。

藤井聡太は、破竹の勢いで15歳で7段となりました。

これは、非常に凄いことです。

これまで、最速7段のレコードを持っていた人物は加藤一二三という棋士で、17歳と三ヶ月というレコードを持っていました。

スポンサードリンク

15歳での更新はこれを1ヶ月以上もはやい更新になっています。

また、現在将棋界で最も強いと言われている羽生善治という棋士ですら、7段到達までには20歳という年齢でした。

これまでの記録をあっという間に塗り替えていると言っても過言ではありません。

客観的な統計でみると、実はこの7段という段位は30代から40代の人が最も昇段する数が多いと考えられている段位でもあります。

平均的な年齢層で述べれば、10年以上から20年近くはやく昇段してしまったことになります。

文字通り、これはとんでもないことです。

また、あまりにもはやい昇段スピードの影響で周囲の対応が間に合っていないという現状があります。

普通、昇段は一般社会での昇進にあたるものなので昇進祝いというものも当然将棋の世界にもあります。

しかし、昇段スピードがはやい藤井壮太さんにはこの祝いそのものが間に合っていない状況で、周囲が彼の才能に置いていかれているという現状があるわけです。

藤井聡太のグッズのおすすめをまとめてみた。

2017年は空前の将棋ブームが訪れ、幼い子供から大人まで将棋の実況に夢中になっていました。

その立役者である史上初15歳で7段の栄光に輝いた藤井聡太は今や飛ぶ鳥を落す勢いで、今後もますます成長を遂げることでしょう。

将棋連盟では藤井聡太のグッズ販売にも力が入っており、デビューから藤井聡太を追っかけているファンがおすすめするグッズを紹介致します。

「扇子」はこれまでの棋士のグッズの定番で、サインと一緒に座右の目が書かれています。

藤井聡太のものは「風林火山」と彼の直筆の座右の目が書かれていて常に冷静に対局を行なうという姿勢が垣間見え将棋ファンの間では一番の人気商品です。

「ブロマイド」は各対局の藤井君の表情をとらえており、人気のカットは羽生善治氏と対局を行った時のものです。

この写真では常に無表情が印象的な藤井君とは違って満面の笑みを見せているので、販売と同時に即完売してしまうほどです。

「マグカップ」はプロ棋士になった時から愛用して、いつもコーヒー牛乳を入れているものもグッズとして販売されています。

一見シンプルなステンレス製のものですが、真空断熱材になっているので長時間温度を保つことが出来実用性が高いものです。

藤井聡太の地元の愛知県瀬戸市での飲食店や土産店の応援のセールや特別品についてまとめてみた

将棋棋士の藤井聡太さんは愛知県瀬戸市生まれの高校生です(2018年4月現在)です。

2002年7月19日生まれ、根小屋大学教育学部付属高校に通学しており、学校での勉強をしながら将棋棋士としての人生を歩んでいます。

藤井聡太さんが生まれた愛知県瀬戸市は名古屋市の東側、瀬戸市の西側一部が名古屋市と隣接するエリアを持つ市です。

日本有数の陶磁器の一つでもある瀬戸焼の生産地がこの瀬戸市であり、瀬戸物の名称は瀬戸市古くからの地名でもある瀬戸に由来すると言われています。

瀬戸市の名物の中には醤油味の瀬戸焼きそば、五目御飯、ウナギや焼肉のホルモンなどがあります。

五目御飯は瀬戸市が発祥と言われており、瀬戸焼きそばはご当地グルメの一つになります。

瀬戸焼きそばはキャベツと豚肉だけを利用したもので、蒸し麺に豚肉の煮汁を出汁にする、醤油ベースの味付けが行われているなどの特徴を持っています。

焼きそばと言うと、屋台のソース焼きそばをイメージする人も多いかと思われますが、瀬戸市では醤油ベースの焼きそばであること、露店以外の販売時には必ず瀬戸焼の陶器皿で出されるなどの特徴もあります。

愛知県瀬戸市に訪れた時には、将棋棋士の藤井聡太さんが子供の頃から食べ親しんだと言える瀬戸焼きそばを食べて見ると良いでしょう。

スポンサードリンク