スポンサードリンク

自閉症と発達障害の違いをまとめてみた。

自閉症と発達障害の違いがいまいちわからないという人も多いのではないでしょうか。

発達障害の疑いがある子供を病院に連れて行くと広汎性発達障害か自閉症スペクトラムと診断されることもよくあります。

簡単にいえば自閉症は発達障害という大きなカテゴリに含まれているひとつの病名であり、その中には多動性障害や学習障害、注意欠陥などの障害があるのです。

スポンサードリンク

発達障害は生まれつき脳の一部分に障害があり他人と比べて発達が遅い場合に診断される障害です。

発達障害の一部として分類されている自閉症ですが、これは他人とのコミュニケーションや社会的コミュニケーションが苦手であったり、自己主張が強いという特徴があります。

このふたつの特徴がみられた上で尚且つ日常生活の中で障害を負っているという状態であれば自閉症スペクトラム障害と診断されます。

ただし診断には決定的な因子があるわけではなく、あくまでこれまで観察をしてきた中で医師が判断しています。

自閉症スペクトラム障害の特徴と、診断基準を調べてみた。

少し前にドラマ等で取り上げられ話題にもなった自閉症スペクトラム、通称ASD。

以前は自閉症、アスペルガー症候群等、別々の障害として扱っていたものを一つの症状としてまとめたのがこのASDです。

主な症状は大まかにわけると、対人関係、特定の物事への強いこだわり、言葉の遅れのこの3つが上げられます。

他にも耳で聞くより目で見た方が物事を認識しやすいという特性もあります。

そして、自閉症スペクトラム障害の方は以下の特徴を持っています。

視線が合いにくい、その場の雰囲気を理解することが難しい、興味のあるものがあっても他人と共有しようとしない、言ってはいけないことを悪意なく言ってしまう‥等であり、基本的に人とのコミュニケーションが不得手な方が多いです。

とはいえ単に人見知りな性格の方や何をするにもひとりを好む方もいると思います。

では何をもって自閉症と判断すればいいのか。

そんな方の為に以下は診断基準を調べてみたものです。

ある種の音に過敏に反応して不機嫌になることがある、顔の近くで指をひらひら動かす等のくせがある、等です。

自閉症スペクトラム障害でも行える、仕事一覧をまとめてみた。

自閉症スペクトラム障害を持つ人にとっては、この障害によって一般的に簡単だと思われる仕事でも躓きを感じてしまうことが多いものです。

自閉症スペクトラム障害にも人によってさまざまなタイプがあるのですが、それぞれの特性や性格から向いている仕事と向いていない仕事があります。

その中でも向いていると思われる仕事は人とのコミュニケーションをそこまで重視していない仕事、また仕事内容にルールが決められていない仕事が比較的向いているといわれています。

学者や芸術家・エンジニア・画像加工・プログラミング・コールセンター・工場などでの流れ作業やビルの清掃などです。

自閉症スペクトラム障害を持つ人は人とのコミュニケーションや急な予定変更に対応することが苦手である傾向にあります。

そのために頑固であるとか気難しいなどと言われる可能性もありますが、その性格や特性を上手く活かすことができればしっかり仕事をこなすことができるようになります。

スポンサードリンク