スポンサードリンク

脳梗塞の前兆を知るための、チェックリストについて調べてみた。

脳梗塞は脳の血管が細くなったり、血管に血の塊がつまったりして脳に栄養や酸素が送られなくなることで起こってしまう恐ろしい病気です。

最悪は命を落としますし、そこまでいかなかったとしても、体に障害がでてしまうことが多いです。

ですから脳梗塞にならないためにも、前兆を見極めて少しでも変だなと思ったら病院に直ちにいく必要があります。

スポンサードリンク

前兆は体の右や左のどちらかに、違和感を感じることが多いです。しびれたり力が入らないなどもその症状です。

さらにはきちんと話しているはずなのに、ろれつが回らないとか、自分ではしっかりと歩いているはずなのに歩けないとか、目の焦点が合わないなどの症状があります。

それらの症状の1つでもあったら、すぐに病院にいく必要がありますが、あきらかない変だというときには、救急車を読んでいいレベルくらい緊急の状態になっているということです。

自分だけは大丈夫だと、自分の健康に過信するのはとても危険なことです。

脳梗塞の後遺症がどこまで、回復できるのかを調べてみた。

不幸にして脳梗塞になってしまった人でも、回復の可能性というのはあります。

脳梗塞になっても早期できがついて病院で治療をうけた場合は、後遺症がない場合があります。

それは周りがすぐに気がついて病院にいくことで、2週間程度の入院くらいで済むという人もいます。

またそれよりも重いという人でも片方の体に症状が出てしまうケースが多いです。

手がマヒしているとか、足がマヒして歩くのが不自由という人もいるでしょう。

その場合はなるべく早くリハビリをはじめる必要があります。

それは病院の理学療法士さんや介助してくれる人の助けでやっていくことですが、毎日続けていく必要があります。

はじめはなかなか動かなかった手足であっても、続けていくことでかなり回復していくケースがあります。

また脳梗塞で寝たきりになった人であってもリハビリは必要です。寝たきり生活から脱却できるのは、そういう状態でも体を動かすということです。

関節を動かすことで関節が固まってしまうことをさけることができます。

脳梗塞の予防ができる、食事のレシピを調べてみた。

脳梗塞は血流が悪化して血栓ができたり流れが滞ってしまう事により引き起こされるので、防ぐためには血中コレステロール値を下げて血液循環が良好にさせられる栄養素が配合されているレシピにしましょう。

代表的なのは不飽和脂肪酸をはじめタウリンや食物繊維であり、中でも納豆にしか存在しない納豆菌は血栓を生じさせない効能が著しく高いので日頃から献立に取り入れてください。

またDHAやEPA、タウリンといった栄養も脳梗塞を防ぐために有益性が高いのですが共通しているのは海産物に配合されているという事です。

特に白身魚に比べると青魚の方が成分量が多いですし浅瀬よりも深海で回遊している魚の方が多量に含んでいるのですが、時期により手に入れ難かったり好みが分かれるので苦手であるのならタウリンから得るようにしてください。

イカやカニ、タコや牡蠣といった物に見られるので海の幸が苦手であるという方でも比較的無理なく食べられ脳梗塞に見舞われなくなります。

スポンサードリンク