スポンサードリンク

脱サラして農業で成功したい!必要な資金と支援金について

脱サラして農業を始めるにあたり必要な資金は農業の形態や規模によって大きく異なります。

例えば単独で米農家を目指すとして、トラクターやコンバイン、精米機や乾燥機すべてを揃えた場合、数千万円規模の初期投資が必要となります。

逆にビニールハウスや大きな機械も使わず、農薬も使わない自然栽培で野菜を育てようと思ったら、

スポンサードリンク

必要なのは家と農地、軽トラの他にクワやスコップなどが必要ですが、田舎では

ただ同然で借りれる農地も多く、空き家を安い家賃で貸し出していることもあります。

この場合、軽トラも中古で買えば移住費を含めても100万円以下で賄うことが可能です。

また、就農や過疎地へ移住する場合、国や地方自治体から支援金がもらえることもありますが、

支援金をもらうためには様々なルールがあり、足かせとなる場合があるので事前に確認が必要です。

ここまで就農時の資金について話してきましたが、農業で成功するためには就農時よりも就農してからの資金繰りが大切です。

ランニングコストを抑える農業形態をとることや、配偶者は農業以外の仕事に就いて資金繰りを安定させるなどの工夫が必要でしょう。

脱サラして飲食店開業で成功するためには修行したほうがいい?

脱サラして飲食店開業で成功するためには飲食店での修行はまず欠かす事が出来ません。

飲食店は個人で行う自炊とは違って、お客様に提供する必要があるので、きちんと勉強する必要があります。

これを怠るとお客様に満足した食べ物を提供する事はできませんし、お客様が満足されないと客足も途絶えてしまいます。

この様に何の経験もなしに成功する飲食店は考えにくいです。

開業する際には有名な飲食店で修行する事により味だけではなく、店舗経営のノウハウも教えてもらう事が出来ます。

どの様な物が必要でどれ程の経費が掛かるのかと言うのも修行なしでは分かる事では有りません。

修行を行うことにより経営者の目線ではなく、店員としてもどの様な流れか見えてくる物もあります。

修行をすれば絶対に成功するわけではありませんが、開業の成功率を上げる為には

大切な事なので、未経験のまま開業を行う事はやめた方が無難です。

脱サラして開業するからには成功しないと元のサラリーマンに戻ってしまいかねません。

脱サラ失敗で借金生活へ!よくある失敗例とは

脱サラ失敗で借金生活に陥る事は少なくありません。

失敗例として挙げられるのが見通しの甘さです。

異業種を始める場合にはリサーチして収益を計算する必要がありますが、この収益の見通しが甘く、借金を抱えてしまう事に繋がります。

起業する場合は本当にその業種で利益を出す事が出来るのかどうかを考える必要が有ります。

他にも失敗例として予想以上に投資金額が大きく必要になったというのもあります。

飲食店を開業する場合に多いのが設備投資と食材を仕入れる費用をあまり考慮せずに起業してしまい

資金が追いつかなくなってしまって、結局は借金をしてしまうパターンもあります。

資金繰りに余裕がある様にしないと借金生活に陥るので、資金に余裕を持った起業が大切です。

失敗を無くすには暫くは収入を見込む事が出来なくても生活が出来るほどの余剰資金があれば、失敗におびえる事もありません。

借金をしない為にも脱サラする際は良く考えた行動が必要です。

スポンサードリンク