統合失調症の症状と原因について調べてみた。

統合失調症とは心の病気の一種です。

原因は未だに解明されておらず、ストレスによって脳内の情報を伝えるバランスが崩れてしまうのでは、と言われています。

また、遺伝的な要素も関わっていると言われていますが、詳しい事は分かっていません。

スポンサードリンク

その症状についても様々ですが、あるはずの無いものが見えたり聞こえてしまう妄想や幻覚、幻聴などが主です。

例えば、友人グループの中で自分だけがのけものにされている、悪口を言われている、などといった強い思い込みによる不安症状でぐったりしてしまう事もあり、この点はうつ病とやや似ています。

ですが、統合失調症の一番の特徴は考えがまとまらなくなる点です。

特に会話をしていると分かるのですが、主語や目的語が飛んでしまったり、全く違う話を次から次へと捲し立ててしまったりとコミュニケーションで困難を覚えてしまいがちです。

しかし、心療内科や精神科で身体と心に合ったお薬を出してもらえば安定します。

放っておくと怖い事にもなり得る病気ですが、気になる場合は勇気を出して医療機関を受診しましょう。

統合失調症で、治療すれば治るのかどうのかをまとめてみた。

数々の精神疾患の中でも統合失調症は重い病として知られています。

実際には100人に1人はかかる珍しくない病気ですが、深刻なイメージが先行していることが否めません。

最も多い誤解は不治の病であるという点です。しかし投薬と心理社会療法を組み合わせることで治癒していくことができます。

正当な治療さえ続ければ統合失調症は社会復帰が可能です。

重大な病状に至ったとしても、半数は軽度の症状にまで落ち着くため社会復帰も期待できます。

ただ服薬を勝手に中止してしまうと問題が再燃することも少なくありません。

そのため根気強く治療を継続していくことが安定期を伸ばす近道となります。

また早期発見と迅速なケアを行えば、それだけ寛解への可能性も高まります。

統合失調症は決して育て方や資質が引き金になる病気ではありません。

そのため患者本人や家族を責めるのは全く的外れです。

また個人差が大きいことも統合失調症の特徴ですから、専門医の診断を速やかに受けることが大切になります。

統合失調症とはと、統合失調症になっている芸能人と有名な人をまとめてみた。

統合失調症とは心が乱れ考えがまとまらなくなってしまう病気です。

特に真面目で完璧主義の人や幼少期に虐待や、いじめ等で苦しんだ方にも多いようです。

また先天的にも発症する可能性がある病気でもあり、遺伝によって発症する可能性は10%と言われています。

主な症状は大まかにわけるとあるはずのないものが見える、感じる、誰かが自分の悪口を言っている等、幻覚や妄想の症状が出る陽性症状と意欲の低下、感情表現が少なくなる、身だしなみや清潔に無頓着になる等の陰性症状があります。

また、この統合失調症にはたくさんの芸能人や有名人も苦しめられており、玉置浩二さんはツアー好き高じてハードスケジュールを組んでいたことや対人関係の不和から精神的に追いつめられていまい、統合失調症に苦しんでいらしたそうです。

さらに有名人でいうとかの夏目漱石も昔から神経質で癇癪持ちでなおかつ、ストレスに対する耐性が低かったと言われています。

そのため現代の医療技術から考えると統合失調症もしくは、うつ病の可能性があったのではないかとも言われています。

スポンサードリンク