スポンサードリンク

結城優奈は勇者であると鷲尾須美は勇者であるの、おすすめなグッズをまとめてみた。

「結城優奈は勇者である」と「鷲尾須美は勇者である」は、どちらも大きな人気を集めているテレビアニメシリーズです。

多数のファンから愛されている作品ですので、関連グッズなども幅広く展開されています。

いつでも手元に大好きなキャラクターを置いておきたい、そんな人におすすめなのはスタンドポップタイプのグッズでしょう。

スポンサードリンク

場所をとらないシンプルなグッズですので持ち運び用としてもぴったりですし、お値段もリーズナブルで購入しやすい製品だといえます。

もっと迫力のあるグッズが欲しいという人は、人気キャラクターが描かれたキュートな枕カバーを手に入れてみてはいかがでしょうか。

可愛いキャラクターで枕を彩れば、いつもと違う就寝のひとときを味わうことができるでしょう。

「結城優奈は勇者である」の関連グッズとしては、抱き枕カバー等も販売されていますので、ピローケースとセットで購入をするのもおすすめです。

ファンとして押さえておきたい重要なアイテム、ブルーレイは販売店舗によって異なるオリジナルグッズが用意されています。

ディスク収納ケースやオリジナルTシャツ等のアイテムが多数揃えられていますので、まだ手に入れていない人はチェックしてみましょう。

結城優奈は勇者であると鷲尾須美は勇者であるの勇者システムの違いについてまとめてみた。

「結城優奈は勇者である」をご存知ですか。

あるいは「鷲尾須美は勇者である」をご存知ですか。

前者をご存知の方は後者を知っているのではないでしょうか。

「結城優奈は勇者である」は、「鷲尾須美は勇者である」の2年後を舞台にした作品で、両者ともシナリオライタータカヒロ氏が展開する「タカヒロ4プロジェクト」内のイラストノベル作品です。

そのため、両者にでてくる勇者システムに大きな違いはありません。

「鷲尾須美は勇者である」では主人公を含めた3人が勇者システムというアプリを起動するところから始まります。

これにより勇者へと姿を変えて敵であるバーテックスと戦います。

その後仲間を失う苦難を乗り換える中で勇者システムに「精霊」と「満開」が加わります。

それでも戦闘の負荷は大きく主人公鷲尾須美は元の東郷美森に名義を戻され、相棒である乃木園子は身体機能を失うという悲しい結末を迎えます。

そしてその2年後の話である「結城優奈は勇者である」では、勇者システムの数々の秘密が明かされます。

勇者の力を開放する能力である「満開」を使うと代償として隠された能力「散華」が発動し自らの身体機能が失われるのです。

そのことを知りながらも戦い抜く少女たちが描かれています。

結城優奈は勇者であるのアプリでで出来る、アニメでは出てこなかったキャラクターをまとめました。

結城優奈は勇者であるは、2014年に放送されたアニメで可愛らしいキャラクターと実在する日本の町が物語の舞台になっていることから人気になりました。

2016年にはスマートフォンアプリとして登場し、アニメには登場していないキャラクターでプレイすることが出来るので紹介します。

長野県出身の「藤森水都」は、白鳥歌野は勇者であるに登場するキャラクターで神の声を聞くことが出来る巫女です。

ややネガティブな性格をしていますが、巫女の力である自然治癒力を操って味方のHP回復を行なえるのが特徴です。

北海道出身の「秋原雪花」は、北海道旭川市カムイコタン周辺で戦っていた勇者です。

見かけによらず計算高い性格をしており、勝算がない戦いの時は一目散に逃げてしまうため、パーティーに入れる際は注意が必要です。

沖縄県出身の「古波蔵棗」は、沖縄県南城市の海で戦っていた勇者です。

長身で力が強く、剣以外に斧・槍を装備できるため戦闘の第一線で活躍するキャラクターと言えます。

口数は少ないですが、苦手なネズミの敵を前にした時は緊張から突然歌いだしてしまいます。

結城優奈は勇者であるのアプリには計3名のオリジナルキャラクターが登場しゲームを賑やかにしてくれています。

スポンサードリンク