精神障害って、いったいどんな種類があるの?

精神障害とは、思考分野に障害が起きてしまう物で、意識や知能、記憶や感情と言った精神機能に障害が起きると他の分野にも影響を及ぼしてしまうことが多いと言う特徴があります。

ただ人間の脳は非常に複雑になっている為、精神障害と言ってもその症状は決して一つではありません。

先ず、精神障害は先天性の物と後天性の物に分けることができます。

スポンサードリンク

さらにその原因となる物はいくつもあります。

その為、現在では消して珍しい症状と言う訳ではなく、いつ誰が発症しても全く不思議ではないものと言えます。

またその症状は一定ではなく、良い時と悪い時の波が生じたり、急激に悪化したり、突然よくなったりする事もある物なのです。

現在、精神障害は大きくは3つに分類できるようになっています。

先ず一つは思考過程の異常で、忘れてしまったり思考が進まなくなってしまう、支離滅裂になってしまう等の症状です。

思考内容の異常は妄想している状態が大きな特徴です。

思考表現の異常は強迫性観念等によって自分を追い込んでしまう状態です。

本人の状態から統合失調症、うつ病、双極性障害、パニック障害等に分類されます。

 

精神障害になった時のうまく付き合っていく方法をまとめてみました。

精神障害になった時、まず大切なのは気持ちを受け止めてあげることです。

心が弱っている状態なわけですから、出来るだけしっかり話を聞いて、時には肯定してあげると良いでしょう。

そうすることで安心感を与えることが出来ます。

次に、誰が・何が悪いと決めつけたり、批判しないことです。先に触れたとおり、精神障害になると物事を悪く捉えてしまいがちです。それゆえに、間違った判断をしてしまうことが増えていきます。

それがトラブルの原因に繋がってしまうこともありますから、あまり決めつけや批判は出来るだけ行わないようにしましょう。

そして最後に誰か一人に荷重な負担がかからないようにすることです。

精神障害は家族の支えが必要と言われていますが、そうしてひとりで抱え込んでしまうとその人も病気になってしまいます。

よって出来るだけその人ばかり負担を背負うのではなく、相談をのれるような少しでも負担を減らしてくれる相手を見つけておくことが大切と言えるでしょう。

精神障害の人とのうまくいく、付き合い方をまとめてみました。

社会は様々な考え方を持った人の集合体ですから、自分とは違った部分がある人とも仲良く過ごしていくことが必要です。

精神障害を持っている人は、自分の意見がはっきり言えなかったり、他人の話を黙って聞いていることができないということがあります。だからといって、交流を避けるのではなく、うまく付き合っていく方法として、精神障害を持つ人の言い分や訴えに耳を傾けることが必要です。話したいという気持ちがあるのであれば、それを受け止めて、気持ちに寄り添うことが必要です。

そして大事なことは精神障害の人は、自己嫌悪に陥りやすかったり落ち込みやすい傾向があるので、むやみに頑張ってという言葉は伝えないようにします。

頑張ってという言葉をかけると、精神障害の人は追い詰められたような気持ちになりやすいので、励ますよりも労わりの言葉をかけることが大事です。

また話し掛けてほしくないという場合もありますから、その時は程よく距離を取ることも必要です。

スポンサードリンク