スポンサードリンク

精神障害の種類を詳しく、解説してみました。

精神障害はいくつかの種類に分けられます。

これは、精神病だけではありません。

中毒や依存症や知的障害などを含むと考えられています。

スポンサードリンク

種類は6つあります。

統合失調症、気分障害、器質性精神障害、てんかん、知的障害、発達障害です。

統合失調症の症状は、考える力や感情をまとめる力が低下していて、幻覚が現れたり、妄想の症状が現れるという特徴があります。

気分障害は、気分が落ち込んでしまう症状が長く続くうつ病や、ハイテンションな時と気分が落ち込む時を交互に繰り返す双極性障害があります。

器質性精神障害は、脳の病気によっておこる症状の事です。

例えば意識障害や認知症など様々なものがあります。

てんかんは、脳の病気で慢性的なものです。

けいれんが起きる事が特徴です。

知的障害は、知的発達の障害が18歳未満に起きるものです。

日常生活に支障が出る事が殆どです。

発達障害は脳機能障害で、先天性のものです。

自閉症や、アスペルガー症候群など様々なものがあります。

精神障害の種類及び特徴を詳しくまとめてみました。

一般的に精神障害といっても様々な種類があります。

大きく分けると昔からある統合失調症と神経症圏の病気に分ける事ができます。

統合失調症は幻覚妄想が見えるのが特徴で、薬剤による治療がよく効きます。

次に神経症圏の特徴ですが、他人の言うことに敏感になったり、環境の変化に敏感になったりします。

その結果としてアルコールに走ったり、覚醒剤などに走ったりする依存症を併発しやすいのが特徴です。

治療は薬剤による治療はもちろん、アルコールや覚醒剤などを排除するような環境調整も大切になります。

統合失調症にしても神経症圏にしても対人関係が苦手になったり、気持ちが憂鬱になり今までできていた仕事ができなうなる場合があります。

そうならないために、精神科デイケアに行ったり就労継続支援B型という就労支援施設に通所して、人間関係のトレーニングをしたり就労のための訓練を行うことも、精神障害の治療上での非常に大切なポイントになります。

精神障害2級でもできる、仕事を詳しくまとめてみました。

精神障害2級と判断される場合、基本的に就労ができる状態ではありません。

精神障害2級は社会において相応しく無い行動を取る可能性が高い、あるいは強いストレスなどで精神疾患を発症するリスクがあるなどの診断がなされているため、健常者や軽い精神疾患がある人などと同程度の仕事をすることは極めて難しいといえます。

しかし、仕事をすることは人間らしい行動の一つであり、また障害者年金などの援助のみでは生活が出来ないため、経済的な理由からも仕事をしなくてはならない場合もあります。最近では法律などの制度が整えられ、また一般社会でも障害者への理解が進んでいることから、精神障害2級であっても出来る仕事は着実に増えてきています。

具体的には、障害者支援施設や軽作業か中心の会社、あるいは障害社の就労環境がしっかりと整っている企業に限っては、どんな仕事でも出来るようになります。

ポイントは、どのような仕事内容であっても精神障害2級と判断された人が一人で仕事を行うのではなく、サポート体制が整っている企業であることです。

今後このような企業が増えることで、ますます働きやすい世の中になっていくことが期待されます。

スポンサードリンク