スポンサードリンク

発達障害の特徴の中でも、大人・成人している人の一覧をまとめてみた。

発達障害とは、100人に数人の割合で発症する脳機能の障害です。

生まれつきの脳機能の障害に加え、生活環境などその人を取り巻く周囲の人とのかかわりにも影響を受けます。

大人の発達障害の特徴としては、すぐに切れる・会話が苦手・落ち着きがない・整理整頓ができない・集団に馴染めないといったことがあげられます。

スポンサードリンク

特に大人の場合、注意欠如・多動性障害ADHDとアスペルガー症候群の症状が多くあらわれる点が特徴です。

発達障害は、もともと生まれた時から持っているもので、大人になってから突発的に発症するというわけではありません。

幼い頃から何らかの兆候があり、大人になってその症状が強くなって起こるのが、大人の発達障害です。

注意欠如・多動性障害ADHDとアスペルガー症候群などは、知的な遅れを感じさせないため大人になってから気づくことが多いといえます。

これは、大人になって社会とのかかわりが増える中で、今まで気づかなかった発達障害の症状があらわれるためだといえるでしょう。

発達障害の特徴の中でも、子供の一覧をまとめてみた。

子供の発達障害の中には様々な特徴があります。

その特徴の一つは、小学生になってから偏った食べ物しか食べず、学校の給食が出ても食べようとしないことなどが考えられます。

これは、発達障害の場合に起こりうる舌の感覚の特異性が原因です。

そのため、あまり食べたことのない味や食品に対する不安感が強いため、自分の食べ慣れたものしか食べず、結果的に給食を残してしまうことがあります。

この場合には、無理をさせずに弁当持参するなどの対応をしてもらうことを学校に相談してもよいでしょう。

勉強する場面でも、子どもの発達障害が影響を及ぼします。

その一つが、漢字が書くことができても、ひらがなを書くことができないパターンです。

ふつうは、小学校一年生や二年生ぐらいであれば平仮名はかけても漢字が書けない子供が多いですが、発達障害の子供は、漢字よりもひらがなの方が頭に入りにくい傾向があります。

国語では、文章を解くことが苦手で、登場人物の気持ちを考えられない傾向が強いです。

発達障害を診断してくれる、有名な病院をまとめてみました。

発達障害は子どもの場合には学校に相談してから神経外来を受診するのがおすすめです。

しかし大人の発達障害の場合には専門病院が少ないので注意が必要です。

大人の発達障害は精神科で診断されるのが一般的ですが、専門性を有していない精神科医も少なくありません。

医師会や発達障害支援センターに問い合わせてみるのもおすすめです。

有名な病院としては東京では慈恵会病院、東京女子医科大学病院、都立広尾病院などがあります。

アスペルガー症候群を得意としているのがメディカルケア虎ノ門、学芸大学前神経科クリニックではADHDを得意としています。

関西では芦谷メンタルクリニック、大阪大学医学部付属病院、大阪警察病院などがあります。

大阪市北区の田中北梅田クリニックでは小児神経専門医、発達障害診断医師ですので幼児はもちろん中高生から大人まで診察を受けられます。

内科や小児かも専門ですので精神科に通院しているという印象もありませんから気軽に通えます。

スポンサードリンク