スポンサードリンク

田村ゆかりの深夜アニメのOP・EDのおすすめを書いてみた。

ベテランアーティスト声優として人気が高い田村ゆかりさんですが、アニメ出演の作品もかなり多く主題歌なども多く担当されているため、アニメ関係の音楽フェスでは定期的に出演されるなど幅広い世代のファンから支持されている特徴があります。

数多くの深夜アニメのOPやEDで使用されてきた曲の中でも、特におすすめなのがC3-シーキューブ-という作品のOP曲「Endless Story」です。

ギターやベース、ドラムがアップテンポでリズムを刻んでいますが、ストリングスはゆったりとしたメロディになっているので田村さんの優しくしっとりとした歌声が合わさって魅力的な仕上がりになっています。

スポンサードリンク

王国民と呼ばれる田村ゆかりさんファンの方からも高い評価を受けている代表曲の一つです。

次は田村さんの出演作の中でも特に人気が高い魔法少女リリカルなのはのED曲である「Little Wish」もおすすめです。

伸びやかで甘い歌声に合わせて、可愛らしいメロディラインは聞いていて元気になれるとして、古い曲の一つですが人気が高くなっています。

現在でも田村さんのライブ・コンサートを行う際には定期的に歌われることもあり、コンサート中に本人が感極まって泣いてしまうなどの場面もあったことから、ファンの中でも思い出の一曲といわれています。

田村ゆかりのアニメ声優としての人気度をまとめてみた。

田村ゆかりさんは20年を超える声優歴を持ちながら今なお第一線の作品の数々に出演し、美少女キャラを演じて続けています。

この春には『HUGっと!プリキュア』でも印象的な敵キャラ美少女アンドロイドのルールーでミステリアスで魅惑的なお芝居を聴かせてくれています。

また、数ある持ち役が長く演じ続けられていますが、2004年の作品「魔法少女リリカルなのは」などは、今なお新しい作品が映画化・公開されるなど、作品ともに田村ゆかりさんが演じて育てたキャラクターが新旧のファンに熱狂的に支持されていると言えるでしょう。

また、田村さんは本当の生年月日を公表していますが、自らを称して『永遠の17歳』という設定を貫いており、ファンはそれを彼女の人となりの一部として理解し、応援しているのでしょう。

さらに彼女は架空のアイドルに扮してコンサートを開くこともありますが、田村ゆかり名義でCDをリリースし、単独のアリーナコンサートも行うというマルチな才能を披露しています。

二年前には所属事務所の移籍などもあり、ファンに動揺が走りもしましたが、現在の安定した活動ぶりからはそういった事案も過去のものとなり、ますます眩しい永遠の17歳・ゆかり姫の活躍は留まることを知らないと言うべきでしょう。

田村ゆかりが演じるキャラクターの中で一番人気のあるキャラクターはどれなのかマニアに聞いてみた。

田村ゆかりさんといえば、「永遠の17歳」で声優界では有名どころの声優です。

彼女のデビューはなんと、ラジオドラマ「マクロス・ジェネレーション」のヒロイン、パッセル役。
(養成所時代にPCゲームにでたこともあるらしいがここではマクロス・ジェネレーションのヒロイン、パッセル役がデビュー作として扱う。)

ラジオドラマだとしてもアニメ界で有名な「マクロス」それも「ヒロイン」で華々しくデビューした、田村ゆかりさん。

声優界にアイドル声優という言葉を確立させた一因も彼女にあると思えます。

有名どころでは、「ひぐらしのなく頃に」の古手梨花役では二面性のある役をこなし。

なんと「ねこだもん。」では全13話全て違うキャラクターを演じたこともある。

とにかく、ロリ役、クール役、彼女に任せてしまえばどんな役柄でもすんなりと馴染むんです、不思議と。

そんな田村ゆかりさんのキャラクターで一番人気のキャラはどれなのかマニアに聞いてみたという事ですが、知名度的には「魔法少女リリカルなのは」のなのはを選ぶだろう。

しかし、マニア的にはこの前ののアニメ「HUGっと!プリキュア」のルールーを田村ゆかりさんは演じています。

敵キャラとして本編に登場します、とにかくミステリアス、クールビューティーなキャラです。

マニア的にはこのルールーというキャラがたまらないのでは・・・!?

スポンサードリンク