スポンサードリンク

猫背は遺伝や病気が原因なのか?

猫背で悩まれている方も多いと思います。

どうして猫背になってしまうのか、遺伝や病気が原因なのか深刻に悩まれている方もいらっしゃるでしょう。

 

確かに病気が原因の方はいらっしゃると思います。

スポンサードリンク

気が付かないうちに弱い内臓をかばうような姿勢をし続けてしまっていたり、また背骨自体に病的な原因のある方も猫背になることもあるでしょう。

 

しかし、それ以外の方は、普段の姿勢に問題があると思われます。

胸を張れば背骨は真っ直ぐになると思っている方たちもいるでしょう。

確かに、間違ってはいません。

しかし、きれいな姿勢というのは胸を張るだけではありません。

胸を張って、顎を引き、首を長く伸ばし、肩を下げる、そして身体全体を上へ引き上げるように背骨を伸ばす、このようなこと全て気を付けて、美しい姿勢になれるのです。

 

ここまで気を付けている方はほとんどいません。

最近は、パソコンやスマホの普及で目が悪くなり、見えないためどうしてもその機器類に顔を近づけることになります。

このような体勢は間違いなく猫背状態です。

 

猫背は遺伝ではありません。

普段から姿勢には気を付けて、身体が硬くなってしまう前に直すようにしましょう。

猫背矯正ベルトの効果は?

最近ではスマホやPCなどのデジタルデバイスを長時間操作する人が増えており、そのために猫背になる人が多く猫背矯正ベルトを使用している人が多いです。

また、都会に住んでいる人よりも、車を交通手段として利用している郊外に住んでいる人の方が歩くことが少なくなり、筋肉を動かす機会も少ないので猫背になりやすいといわれています。

 

猫背矯正ベルトは、腰痛、肩こり、首の痛み改善に効果的で、姿勢が自然に良くなることで健康面やメンタル面でも改善効果が大きいです。

健康面に関しては姿勢が良くなることで内臓も正しい位置に落ち着き体の不調が改善します。

メンタル面では、姿勢が良くなることで自信がつき明るく積極的な性格になります。

しかし猫背は、猫背の姿勢のまま骨や筋肉が凝り固まった状態なので、改善するのに時間がかかります。

長時間身につけていられる猫背矯正ベルトは、ゆがんだ骨を正しい位置に矯正するベルトとして手軽に着用できるベルトです。

猫背矯正ベルトを使っている人は?

  • スマホ、PC、ゲーム好きの若い人
  • あかちゃんが生まれたお母さんはあかちャんを抱っこしたり、背中を丸める動作が多くなります。
  • 男女に関係なく、物を持ち上げるのに背中を丸める作業が多い仕事についている人も使っています。
  • 立ってうつむく仕事が多い人は猫背のために背中の痛みや凝りに困っている人や長い時間、座りっぱなしで腰痛に悩んでいるという人にも猫背矯正ベルトが使われています。

猫背矯正ベルトの選び方は?

ウエストと身長に合わせてサイズを選んで使える市販の猫脊矯正ベルトを使っている人が多いと思いますが、自分の体のサイズに合ったものをつかいましょう。

特に病院で合わせてもらった猫背矯正ベルトを使うのがお勧めです。

自分の体に合ったサイズのものを選ばないと、肩紐ベルトを最もきついレベルに合わせても緩すぎたり、

逆に小さい目のサイズのものを選んだばかりに締め付け感が強く窮屈で、動きが取りづらいということがおこります。

猫背を治す寝ながらできるストレッチの方法とコツ

猫背タイプによってストレッチ方法が異なります。

首猫背

コツは、首が前に出ている状態なのでしっかり顎を引きます。

布団の上で足を伸ばして座ります。

両手を後ろにして手を組んで、後ろに腕を伸ばして約5秒間キープします。

そのままの姿勢で頭を後ろに倒し約10秒間キープします。

背中猫背

コツは、脊中の筋肉が衰え、背中が丸まった状態なので、常に胸を張るようにいます。

丸めたバスタオルを腰に敷いて、仰向けに寝て万歳します。

そして元の位置に戻し、これを約10回行います。

骨盤猫背

コツは、骨盤が後ろに傾いている状態なので、椅子に腰かけるときには深く座り腰を立てるように気を付けます。

布団に仰向けに寝て、骨盤を動かしながら、背中とヒップの間にある隙間を広げたり狭くしたりします。

(この動作を10回くらい行います。)

腹猫背

コツは、お腹が前に出た状態なので、ヒップに少し力を入れて歩きます。

布団の上に仰向受けの寝て、足を上下に動かし、床に足がつかないように行います。

(約10回)

腰猫背ストレッチ

布団の上にうつぶせに寝ます。

手で支え上半身を上にあげて約10秒間キープします。

もとの姿勢に戻し、布団の上にうつぶせになり約10秒間休みます。

次に上半身を上げて、腰を少し浮かせて後ろを振り返り足先を見ます。

この動作を左右行い、足先を見て約10秒間キープします。

筋トレで猫背を治す

体幹運動

肘で腕立て伏せの姿勢を約30秒間キープする、この動作を行うだけです。

(一見気軽そうに見えますが、体中の筋肉を鍛えるのに効果的です)

お腹と腰回りの筋肉を鍛える運動

布団の上に仰向けに寝ます。

両腕は体のサイドに付けたまま、ゆっくりと脚を上に上げます。

今度はゆっくり下げますが、床につく手前で止めて約10秒間キープします。

(足をまっすぐ伸ばして行うのは少しきつい場合、膝を少し曲げて行います)

腹筋運動

布団の上に仰向けに寝ます。

両腕は体の両サイド布団の上に、足の膝を曲げたまま上に上げます。

膝の角度は45度にして、そのままの角度で、足の上げ下げ運動を約10回行います。

下っ腹腹筋運動

布団の上に仰向けに寝て、膝を曲げ足は床に置きます。

両腕は体のサイドに置きますが、心持ち布団からは浮かせ、手の指先で床を支えるように置きます。

曲げた両足を、顔に近づけたり、もとの床の上に戻したりする動作を約10回くらい行います。

(下っ腹にしっかり力を加えるイメージで行うと効果があり、下っ腹がスッキリしてきます)

両足をクロスさせ、足を上に上げたまま、さらにお尻を浮かせる感じで上に引き上げたり戻したりする運動も効果があります。

両ひざを胸のあたりに、足を引きつけて膝をしっかり曲げ、足をまっすぐ伸ばす運動を数回繰り返します。

(足を伸ばした時には床につけないように床からは数十センチ浮かします

床から数十センチ浮かせて伸ばしてある足を曲げながらお腹のあたりまで引きつけで、上へ引き上げて元の位置へ、つまり連続して行い、この運動を数十回行います。

上にまっすぐ足を上げ、足と床が45度の角度で足をクロスさせる運動を約10回行います。

その後、足を伸ばしたまま45度の角度で約10秒キープします。(この運動はかなり効果的です)

猫背の治し方!効果的なストレッチや筋トレをお教えします

猫背は、背中を丸めて前かがみにしている状態のことで、少しネガティブなイメージで用いられています。

何故なら、うつむき加減で自信がないように見えてしまうからで、得意げな状態を示す「胸を張る」と表現の反語のような位置づけとなっています。

 

ただし、実際に猫背を治す場合には、胸を張れば良いというわけにはいきません。

逆に不自然に腰をそらすというような姿勢になってしまうので、腰痛などのトラブルが発症しやすくなります。

それでは、どのようにすれば良いのかというと、筋トレやストレッチにより、根本的な原因に対してのアプローチが効果的な治し方となります。

 

ちなみに、具体的には胸を開くストレッチとブランクという筋トレが有効です。

 

前者は、身体の後ろで手を組み胸を開くように肩を後ろに引きながら腕を上げていくという内容で、後者は腕立て伏せの態勢を30秒から1分程度キープして体感を鍛えるという方法です。

これらを組み合わせることにより、正しい姿勢を保つ筋力が付くうえに、疲労の蓄積を防止するので、猫背が自然に改善することになります。

色素沈着してしまった猫背線を消したい方のためのオススメの治し方

猫背になるとお腹にしわが出来るので、赤い線になって目立つことがあります。

これを猫背線といいますが、色素沈着を起こして赤くなると、なかなか取れなくなるので、消したいときは早めに対処するようにしましょう。

 

しわのせいで赤い線が出来ている場合の治し方は、背筋と腹筋の両方を鍛えて、猫背を矯正することです。

この方法はまず、きちんとした姿勢で正座をし、その状態から腕を伸ばすようにしてください。

次に体を伸ばしてから、前に倒します。

それから床に這いつくばって身体を伸ばすストレッチを20回ほど繰り返せば、腹筋を鍛えられます。

床にうつ伏せ状態になってから、上体を反らすように起こす運動を20回ほど繰り返せば、背筋を鍛えることが出来ます。

 

お腹にしわが出来たためではなく、色素沈着により赤い線が出来ている人の場合は、猫背を治したり、体脂肪率を落としてもそう簡単に消えることはありません。

色素が皮膚の奥深くまで浸透しているので、これを消したいときは美容外科でレーザー治療を受けたり、塗り薬を処方してもらうようにしましょう。

 

スポンサードリンク