煽り運転をする人の心理とは?対処法は無視が一番?

車を運転していると煽り運転をされ不快な思いをすることもあります。

このように煽り運転をする方は、日頃からストレスが溜まっている場合や自分より弱い相手に対してちょっかいを出そうというような心理で相手を刺激してちょっとしたストレス解消、からかい気分で煽り運転をしてくる可能性があります。

そのため、感情的になり相手を意識してスピードをあげて運転してしまうと、相手を喜ばしてしまうだけでなく、自身が事故に遭う危険性などもでてきます。

スポンサードリンク

 

基本的な対処法としては相手を無視しておくことです。

煽ってもその対象が無反応なら飽きてしまい煽るのを止めてしまうことも多いため、できるだけ相手を刺激しないように平常心を保ち、安全運転を心がけることが大切です。

ただし、相手がしつこくつきまとい運転が危険になる場合には、相手が走る方向とは別ルートに入ることやパーキングエリアやその他に車を止めることができる場所など見つけてその煽ってくる車がいなくなるまで待機、状況によっては警察などに連絡を入れてみるなど対処することも重要です。

煽り運転してくる奴への対策や防止はステッカーが効果的!

今、ワイドショーで繰り返し報じられているのが、煽り運転です。

煽り運転をする危険なドライバーは以前存在していました。

実にドライバーの半数近くが、運転中に恐い体験をしたと感じています。

マナーが悪い人々は残念ですが、世間に少なくありません。

そういった人々がハンドルを握れば、善良なドライバーでも、一方的に絡まれてしまいます。

煽り運転をするようなマナーの悪い人々は、被害者意識が強いです。

先に通行妨害されたのは自分だ、という被害者意識から、逆恨み的に煽り運転をするケースが大半です。

 

対策としては、ステッカーによる警告メッセージの表示が非常に効果的です。

例えばマイカーの後方に「ドライブレコーダー搭載中!」といったソフトな警告を示すステッカーを貼り付ければ、万が一に逆恨み的に、変な車に追いかけられても、ステッカーの表示によって抑止力が得られます。

マナーの悪いドライバーも、煽り運転の映像が記録されている事が分かれば、危険運転をしませんので、高い防止効果が得られます。

煽り運転してくる車をドライブレコーダーで撮影して警察に通報したらどうなる?

後ろから異常に接近してきたり追い回したり、進路を譲るように強要してきたりといった行為を煽り運転と言います。

ハイビームやクラクションで脅されたら怖い思いをすることになりますし、それであせってスピードを出したり横によけようとすることで大事故につながらないとも限りません。

とはいえ、かなり悪質なケースであっても車のナンバーを通報する程度では警察は動いてくれません。

 

そこで役立つのがドライブレコーダーなのです。

煽り運転は妨害運転致死傷害です。

自動車運転死傷行為罰則法に規定されています。

とはいえ、恐怖を感じたというだけであれば通報してもやはり動いてくれないのです。

たとえドライブレコーダーにしっかりと煽り行為が記録されていてもです。

罰則は被害者が死亡・あるいは傷害を受けた場合にのみ有効です。

それぞれ1年以上20年以下の懲役・1ヶ月以上15年以下の懲役となります。

最悪の事態となったときのみにしか有効とはならないですが、そんなときに少しでも泣き寝入りしないですむように、やはりドライブレコーダーは付けておいて損はないでしょう。

スポンサードリンク