楽天スーパーポイントを賢く使う方法とは?

楽天市場で買い物をすると、楽天スーパーポイントというお得なポイントが貯まることをご存知でしょうか。

楽天市場の中で、100円の買い物をすると、楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります。

常に還元率が1%なので、日頃の買い物で楽天市場を使うと、どんどん楽天スーパーポイントが貯まる仕組みになっています。

スポンサードリンク

しかも、楽天は頻繁にキャンペーンを行っています。

楽天がスポンサーに入っている東北楽天ゴールデンイーグルスや、ヴィッセル神戸が試合に勝利をすると、楽天スーパーポイントの還元率は2倍、3倍と膨れ上がります。

なので、大きい買い物をする時は、東北楽天ゴールデンイーグルスや、ヴィッセル神戸が試合に勝利したときに行うとよりお得です。

楽天はクレジットカード発行のキャンペーンも行っていて、新規発行で大体2000ポイント、カードの利用で2000~5000ポイントの楽天ポイントが貯まります。

クレジットカード発行がまだの人は、カード申し込みをするとお得に買い物ができます。

楽天ポイントカードと、Edyカードの違いについてまとめてみた。

楽天ポイントカードとEdyカードの違いは根本的に使用方法に違いがあります。

楽天ポイントカードは楽天市場もしくは楽天と提携しているスーパーやコンビニで会計をする際に提示するためのカードです。

会計で提示するとレジにおいて、楽天ポイントカードに電子情報として登録したアカウントにポイントが蓄積します。

登録したアカウントを見ればポイントがたまっていることがわかり、その後楽天ポイントを使って楽天市場で割引サービスを受けられたりまたポイント引き換えで商品をサービスしてもらえるといった形で使用します。

楽天Edyは電子マネーです。

楽天Edyにアカウント登録した後に、コンビニでEdyポイントカードを購入します。

そしてアカウントにログインしたら、そのEdyポイントカードに記載されている番号を入力してチャージします。

その後は楽天市場もしくは楽天と提携しているスーパーやコンビニで会計をする際に、そのチャージしたポイントを使ってお金を出す必要がなく会計が可能となります。

楽天ポイント確認方法や、期間限定ポイントの使い方 をまとめてみた。

楽天市場のホームページにアクセスをしログインを行うと総保有ポイントが掲載されているので、自分が持っている楽天ポイント数を確認できます。

その中に含まれる期間限定ポイントも別途記載があり、分かりやすくなっています。

更に詳しく知りたい場合には楽天PointClubにて、現在使えるポイント、獲得予定のポイント、使える有効ポイントの月日まで調べることが可能です。

楽天ポイントの期間限定ポイントは期日を過ぎてしまうと消滅して使えなくなってしまうため、早めに利用しましょう。

数百円単位の期間限定ポイントは楽天市場で注文をする際に送料分としての活用や、楽天銀行で他社に振り込む際の手数料としての利用方法があります。

多少金額に余裕がある場合には、欲しい商品を買う際に少しでも安くするべく購入時に楽天ポイントを使用するのも良い選択です。

楽天ポイントは楽天モバイルなど料金の引き落としにも利用できるので、マメに少額のポイントを使いたい場合には予め楽天モバイルで設定しておくのもオススメです。

スポンサードリンク