大人気の楽天クレジットカードの学生用の作り方についてまとめてみた。

楽天カードは申し込みの時点で満18歳以上なら学生でも作ることができ、未成年の場合は親権者の同意が必要です。

申し込みに必要なものは実家の電話番号だけで、固定電話がない場合は携帯電話の番号でも構いません。

クレジットカードを作る場合は親権者の同意が義務付けられていますが、楽天カードの場合電話で確認を行います。

スポンサードリンク

親権者に学生がクレジットカードを作ることに対して同意しているのか確認するためのもので、連帯保証人の必要がないため収入などの情報を尋ねることはまずありません。

申し込んだ当日か翌日には連絡がきて、電話がきた時点で書類審査に通過したと判断できます。

本人確認をして親権者の同意も得られたら、楽天カードが発行されます。

学生の場合はショッピング枠は10万円に設定されていますが、本人に収入がない場合はキャッシング枠は付けることができないからです。あくまでショッピングをするためのカード発行となるのが特徴です。

楽天クレジットカードの学生版でもクレジットでのやれることと、やれないことをまとめました。

学生でもモテる楽天カードのクレジットカードである楽天カードアカデミーのやえること、やれないことを見ていきましょう。

まずクレジットカードとしての基本的な機能である加盟している実店舗及びネットショップでの買い物はできます。

そして、楽天ポイントカードとしての機能もついているので、その買い物で楽天スーパーポイントの付与も受けることが出来ます。

もちろん、保有している楽天スーパーポイントを使って買い物も出来るので、電子マネカードのような使い方もできます。

カード盗難保険や海外旅行傷害保険もついているので、万が一のトラブルが起きたときにも、すぐに対応してもらえます。

やれないことは学生のためのクレジットカードということもあって、与信枠が30万円までとなっており、それ以上の金額の買い物は出来ません。

加えて、クレジットカードにはつきもののキャッシング機能もないので、お金を借りるということもできません。家族カードもつくれません。

楽天クレジットカードの学生版と通常版でのポイント差があるのかどうかを調べました。

楽天カードは、クレジットカードとして多くの人に使用されていますが、学生向けのカードとして楽天カードアカデミーというものが存在しています。

いわゆる楽天クレジットカードの学生版になり、通常版とは少し違う部分があります。

大きな違いとして、学生版の場合、楽天ブックスで購入するとポイントが購入金額に応じて付与されますが、そのポイントが通常版と比べて5倍付与されることになっています。

学生には多くの本を読んで豊富な知識を身に付けてほしいという考えから、通常版よりもお得なポイント付与になっています。

ただポイント差があるのは楽天ブックスで購入したときだけで、それ以外に差はありません。

また楽天カードの学生版を利用するときには、入会条件として18歳から28歳までで学校に在籍していることになっています。

高校生は利用できませんが、高校生を除いた未成年の場合でも、親権者の同意があれば利用できることになっているので便利なクレジットカードです。

スポンサードリンク