東北の紅葉ランキング2017年度版についてまとめてみた。

紅葉が旬な期間は短いもので、旬を迎えている期間に是非一度は紅葉名所に行ってみたいものです。

今回は東北の紅葉の名所について紹介します。

1位は鳴子峡です。

スポンサードリンク

有名な観光名所ですが、V字型の峡谷が特徴的で端から見下ろすと一面に紅葉が広がっています。

他にはない圧倒的な紅葉の量が最大の特徴です。

2位は夏井川渓谷です。

川沿いに咲き乱れる紅葉が特徴で、川の流れと紅葉のコラボを楽しむことができます。

電車の車窓から情景を楽しむことができるため、電車に乗りながらゆったりと紅葉を楽しみたい方におすすめです。

3位は円通院です。

夜間にライトアップされた紅葉が魅力で、10月下旬から11月中旬までの期間限定であり、わずかな入場料で楽しむことができます。ここまで東北の紅葉名所のほんの一部を紹介しました。

まだまだ東北の紅葉名所はありますし、紅葉を楽しめる期間は短いものです。

連休などを利用して東北の紅葉観光を計画している方は是非参考にしてみてください。

東北の紅葉スポットのオススメランキング。

生命力が溢れる新緑の季節も魅力的ですが、冬に向かい綺麗となる紅葉の季節も目に焼き付きます。

そんな中で東北の紅葉で人気のスポットに出かけるのも楽しみの一つです。

青森県では、十和田湖から流れる水が作る奥入瀬渓流が魅力です。

人間の手が加えられていない渓流は遊歩道が整備され長距離を散策できます。

路線バスが通っているので自分のレベルに合ったバス停で降り様々な色の葉っぱを楽しめます。

また、天気が良ければサイクリングも楽しめます。

宮城県の鳴子峡は、大谷川の浸食で出来た峡谷で高さ100mの断崖絶壁の上から見る紅葉は絶景です。

長さが2.5kmも続くので奥行もあり第一級の紅葉スポットです。

秋田県の角館にある武家屋敷通りも全国的に有名なスポットです。

春の桜でも名前が知られ佐竹北家の城下町として開けた町は、みちのくの小京都とも呼ばれ、毎年10月中旬から1カ月程度の間にかけて、カエデやイチョウが赤や黄色に色づき見ごろを迎えます。

東北の紅葉前線の平均についてまとめてみた。

紅葉の旬な期間とは非常に短いもので、せっかく紅葉を見に行くならば一番の旬な時期に行きたいものです。

今年度の東北の紅葉の旬な時期について紹介しますので、東北の紅葉観光などを考えている方は参考にしてみてください。

10月中が旬となる地域は意外と多く、山付近の観光名所は10月上旬~中旬にかけての紅葉が見ごろであることが多いです。

山地域の紅葉名所は自然風景混みで楽しめることが多く、渓谷などを期待されている方におすすめです。

一方山から離れた平地では、11月上旬~下旬に見ごろを迎える紅葉地帯が多いです。

平地の紅葉名所は比較的人工的に手を加えられている地域が多くライトアップなどの夜間に楽しめるスポットが多いことが特徴です。

当然一部の地域では例外的な旬を迎えることがあるため、訪問予定の地域の紅葉情報は事前にしっかりと調べておきましょう。

また、紅葉情報は毎日更新され天気にも大きく左右されるため、紅葉情報だけでなく天気にも気を付けておくといいでしょう。

スポンサードリンク