日本の一般的な着物の着付けについて調べてみた。

最近はファッションとして着物を身に着ける方が増えてきています。

着物は大きく分けて袷(あわせ)と単衣(ひとえ)の2種類があります。

袷は春秋冬の3つの季節を網羅し、単衣は初夏から秋口まで着用します。

スポンサードリンク

それに合わせて帯や帯揚げ、帯締め等の小物も夏用と冬用にわかれています。

更に細かく分けると様々な決まりはありますが、あまり堅苦しく考えなくてもよいでしょう。

盛夏になると、浴衣を着物風に着つけたりして楽しまれる方もいらっしゃいます。

着物と帯の他には、長襦袢、足袋、紐を何本か、帯揚げ、帯締め、タオルを何本かを用意します。

タオルは美しい着姿を作る為の補正に必要です。

着付けは1度習えば、忘れてしまったとしても、テキスト等を見ながら自分で復習ができるので、一度は習ってみるとよいでしょう。

着物は日本の民族衣装であり、日本女性を最も美しく見せるものです。

若い世代の女性たちがどんどん着用することで、この美しい文化を継承していきたいものですね。

着物レンタルするのと、実際買うのと違いについてまとめてみた。

着物の購入とレンタルの最大の違いは、利用しやすさだといえるでしょう。

レンタルは少ない予算で着物を着ることができるため、気軽に手が出せるというメリットがあります。

しかし習い事で何度も着る予定があるという場合は、レンタルよりも着物を買った方がお得です。

着る回数が多いほど購入した方が良くなるため、どんな目的で用意する必要があるのかという点に注目してください。

レンタルであれば色々なデザインの物を着ることができるため、着物をファッションで楽しみたいというときは借りることをおすすめします。

レンタルであれば自分で着物の手入れを行う必要もないため、適切な保存方法が分からない人にもピッタリだといえるでしょう。

良い状態で保存しておくためには正しいやり方で仕舞う必要があるので、知識があまりない初心者はレンタルを利用した方が安心です。

レンタル店の中には着付けを行ってくれるところもあるため、自分で着ることが難しいという人にも役立ちます。

着物買取専門店についてまとめてみた。

着物買取専門店は、一般のファッションアイテムを買取ってくれるリサイクル店では買取りを敬遠される着物の買取りや査定を行っています。

そして、着物や和装関連の小物をきちんとした値段で買取りをしてくれるという特徴があります。

しかし、全国にたくさんある着物買取専門店には、高級品よりも古いものやウールのものでもそれなりに高価で買取りをしている業者や、高級品の買取りを強みとしている業者と、業者によって強みや扱っている商品が異なりますので、商品によって業者を選ぶ必要があるといわれています。

また、業者によっては、出張買取や宅配買取をおこなっているところもありますので、たくさんたんすに眠っている着物も一度に査定してもらうことが可能です。

さらに、老舗ブランドや作家物の品は、証紙や証明書があれば、比較的高価な買取り価格が期待できますので、老舗呉服店で仕立てられた品や、人間国宝が制作した品は、大切に保管しておく必要があるといわれています。

スポンサードリンク