スポンサードリンク

新聞会社の広告チラシの一番多く入るところを調べてみた。

新聞会社の広告チラシは地元の販売店で折り込まれます。

地方などでは地元の有力紙が読まれることが多く、従って広告もそこに多く折り込まれることになります。

広告主側では新聞を指定することができるようになっています。

スポンサードリンク

販売店によっては店舗が1つといったこともあり、その場合は広告は全紙になりますから指定できないことになります。

巨大な地方紙の場合は全世帯で購読者の割合が5割以上のところもあり、スーパーのチラシを始めとして全てのチラシが入ることになります。

首都圏を始めとしてよく知られる朝日とか読売新聞はチラシが多く入るとされています。

新聞ごとの特徴としては朝日は不動産関係や自動車、学習塾のチラシが多く、読売はファミリーレストランや居酒屋、パチンコ関係のものが多いとされていて、このあたりは広告主も事前にマーケティングを行っていて効果ある方法がとられていると見られます。

販売部数が多ければそれだけ入る部数も多くなり販売店によって変わって来ます。

チラシも全国向けと地方向け、地元の企業とかターゲットが絞られた販売店向けという3種類のものが使い分けられていると考えて良いものです。

全国には100社以上の新聞があると言われていますが、新聞銘柄や地域の傾向をつかむ事で折込広告の効果も上がるとされています。

インターネットの中で広告を出すときに必要な金額の違いについてまとめてみた。

企業などは商品やサービスを知ってもらうためには、広告などで告知することが大切です。

インターネットが普及していることにより、新聞などに折り込みチラシなどを挟むよりもウェブ上で知ってもらう方が簡単です。

そのためインターネットを利用して広告を出すことが知ってもらうためには利用勝手がよく、その際に必要がな金額を知っておくことも重要になります。

まず一つが検索連動型の広告であり、検索エンジンの検索結果画面に表示されます。

これはクリックされたときだけに課金されるものであり、費用もワンクリック数十円から数百円位が相場です。

また次に有名なものが成果報酬型のものであり、アフィリエイト広告ともいいます。

広告主が設定した成果が発生した時に支払うものであり、金額も自由に設定できます。

しかしウェブサイトなどで掲載してもらう必要があり、そのサイトのPVなどが高いことなども必要です。

そのほかにもソーシャルメディア広告やアドネットワーク広告などがあります。

これら以外にも様々なタイプのものがあり、料金も違ってきます。

しかし料金的には数十円から数百円くらいから出すことができるので、余裕があれば利用してみることも選択肢の一つです。

電車内や駅構内・道路とかにある、広告の費用について、差額をまとめてみた。

電車や車に乗ると看板、広告等を良く見かけますがどれぐらいの
費用が掛っているのでしょうか。

今回は広告の費用について考えてみます。

広告と言っても多種多様あります。

また全国で価格も違います。

関東を中心に考えて見たいとおもいます。

まず電車内のものから
山手線の中ずりを例に掲載期間が7日と14日があります。

それぞれ
640万、430万実にこれだけの差額があります。

やはり大勢の方が
見られるわけですからかなり高額になります。

では駅構内のポスターについてです。

これも首都圏とほかの地域ではすでに差があります。

同じく首都圏東京で考えてみます。

駅によってS~Gまでランクがあります。

新宿と西大井でくらべて見ます。

ポスターサイズは同じ大きさで考えます。

新宿84000円、西大井15200円です。

やはり費用が戦線違いますね。

約70000円の差は大きいようです。

次は道路の広告について考えてみます。

道路も都市部とその他では費用が違います。

新宿、渋谷などは100平方メートルあたり
年間で700万~1300万です。

その他地方は場所にもよりますが
上限がだいたい800万ぐらいです。

都市の人口、駅前の人通り
それを考えれば広告として妥当な費用なのでしょうか。

スポンサードリンク